イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

西武池袋百貨店で、人間vsロボット「おにぎり」作り対決開催!!

f:id:ikebukulog:20181125165951j:plain

人類はとうとう「おにぎり」もロボットに任せる時代へ

おにぎりロボット「OniRobot」爆誕!

人類はここまで進化した!
日本人と言えば、世界一のロボット大好き民族。
宗教的な抵抗感が薄いからなのか、アトムやドラえもん然り、ロボットは友達であり、マルチ然り、ときにロボットは恋愛対象だったり、マジンガーZの目から涙(オイル)が流れたりと、日本人にとってロボットはとても身近な存在となっています。

実際、産業用ロボットの導入も群を抜いており、趣味でやたら凄いロボットを作ってしまう野生の研究者も沢山いたりするのが日本の面白いところです。

その一方、海外ではロボットというと、労働を奪うものであったり、映画やSFでも頻繁に描かれる人類に反逆する存在であったりと、そうした日本とは正反対のイメージが持たれていたりもするのですが、流石はロボット大国日本。

遂に「おにぎり」まで作らせてしまうロボットを開発!
しかも、人間vs ロボットの「伝統対最新技術のおにぎり対決」を実行!!

西武池袋百貨店に急げ!

人間とロボット、美味しい「おにぎり」を作るのはどっちだ⁉

一般社団法人おにぎり協会(東京都港区 代表理事 中村祐介)は、2018年11月28日(水)に西武百貨店池袋本店にて、「伝統対最新技術のおにぎり対決」と題しまして、おにぎりロボ「OniRobot」と老舗おにぎり店がにぎるおにぎりの試食イベントを開催することをお知らせいたします。

会場では、パナソニック株式会社アプライアンス社の新規事業開発プロジェクト「ゲームチェンジャー・カタパルト」にて開発検証中のおにぎりロボット「OniRobot」と、東京最古のおにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」三代目店主三浦洋介氏のつくった「おにぎり食べ比べ競演」のほか、一般社団法人おにぎり協会が教える「おにぎりの握り方&豆知識講座」など、新米を食べながら学べる講座を開催いたします。また「OniRobot」は、国内実店舗にてお客様や一般のメディアに披露する初めての機会となります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000023438.html

開発したのはパナソニック アプライアンス社ゲームチェンジャー・カタパルトだそうです。おにぎりの魅力を世界中に広めるべく事業化を目指しているとのこと。

5方向から圧力をかける「3D形成ハンドによる圧力フィードバック制御技術」で、手握りの再現に徹底的に拘っているのが特徴となっているそうですよ!

人類代表は「おにぎり浅草宿六」三代目店主「三浦洋介」さん。
流石に有史以来、日本人が食べ続けてきた「おにぎり」でロボットに負けたとあっちゃ立ち直れないので、是非とも応援しましょう!

■会期
11月28日(水)
(1)午前11時30分~正午
(2)午後2時~2時30分
■会場
西武池袋本店 7階=インテリア キッチンスタジオ
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
■定員
各回 15名
■申込方法
電話にて直接申込(先着順)
西武百貨店池袋本店「おにぎり対決事務局」
03-5949-5601