イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

京都で開催中の『名探偵コナン 紅の修学旅行』池袋でもやるで工藤!

f:id:ikebukulog:20181127070452j:plain

なんやて工藤!

大反響により池袋でも開催へ。
11/1から京都タワーで開催中の「名探偵コナン 紅の修学旅行 スペシャルショップ in 京都タワー」が大反響により、これは聖地池袋でもやらねばいかんと池袋パルコミュージアムで12/30から来年1/21まで開催決定だそうです!

京都でこんなイベントが開催されていたんですね!
京都で修学旅行と言ったら、アレですよ。

コナン時空が動くやつ(笑)

『名探偵コナン』という作品は、工藤新一が江戸川コナンになってから全て1年以内に起こっている出来事ですが、リアル時間で20年以上もそれが続くと作中の時間が経過していないと思いがちです。

しかし!

この修学旅行編では、新一と蘭姉ちゃんが正式なカップルになって恋人として付き合い始めたり、その影響で、西の名探偵こと服部平次と和葉ちゃんの恋愛模様も進展したりという、本編でも非常に重要なそれぞれの関係性の変化が訪れ、物語が佳境に差し掛かったことを暗示する象徴的なエピソードとなっており、「赤と黒のクラッシュ」や「ミステリーとレイン」など、いわゆる本編の進行と密接に関わる最重要回となっています。

ikebukulog.hatenablog.jp

長らく争いが尽きなかったヒロイン論争に終止符を打つこの修学旅行編。

灰原さんの立場はいったい!?

で、結局どういうイベント?

脱線に脱線が重なっていますが、公式HPによると、

京都タワーで販売中の描き下ろしイベントキービジュアルやデフォルメイラスト全16種を使用したオリジナルグッズや、京都タワー内および京都市内の一部店舗にて販売中の人気オリジナルコラボ商品も販売を予定しております。
展示やその他企画についても進行中ですので、是非ご期待ください。
https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=93

基本的には期間限定のグッズショップで、追加で今後色々と企画が公開されていくみたいですね。展示とかがあるのかな?

11月も終盤ですが、4月公開の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』とうとう興行収入が91億円にまで到達する異例のロングランとなっていますが、50億円超えた凄いとか言っていた頃が懐かしいです(笑)

そうこうしているうちに、年も明けるとすぐに来年の映画に向かってサンデー誌面でも連載が再開したりと、盛り上がっていく時期に入っていきますし、来年は怪盗キットがメイン回となるそうですが、今年の興行収入を上回るとなると、それはもう達成しようと思っても到底達成出来ない興行収入100億円という大台に乗るだけに、実現したらもうとんでもないことですね。

100億円という大台は、大ヒットやブームになっても滅多に達成出来ない高すぎる壁だけに、シリーズもののアニメ作品が、途中から右肩上がりのこうした推移で達成するとなれば日本映画市場初の事態でしょう。今でも既にその領域に入っていますが、なんとも期待が高まります。

追い風なのは、劇場版の公開時期には間に合いませんが、遅れること約3ヶ月、来年7月にグランドシネマサンシャインが開業となり、池袋の劇場環境が大きく変わります。

所謂、今年の執行上映みたいなものが池袋でも可能になるので、長期的にコナンの映画を池袋でプッシュ出来る環境になり、映画館だけではなく、「乙女の聖地」という池袋東口周辺全体で更に女性層の取り込みなどが期待出来るようになるので、より今後成績が伸びやすくなるのは間違いなさそうです。

ここにきて黄金期を迎えている『名探偵コナン』。
まだまだ到底終われそうにありません!