イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

シャフト制作の「池袋PRアニメ」予告CMが公開!!

f:id:ikebukulog:20181204160741j:plain

豊島区とアニメイトとの共同制作

来年2019年の「東アジア文化都市2019豊島」に向けて、豊島区の魅力をアニメーションで伝える為に山下敦弘氏×久野遥子氏とのタッグで制作されたロトスコープによるプロモーションアニメが発表されたばかりの豊島区。

www.youtube.com

豊島区在住の少女が、ある出来事をきっかけに、豊島区の歴史と魅力を発見していく様子を、実写を元にしたアニメーションの手法「ロトスコープ」で表現しています。アニメーションをアニメーション作家の久野遥子さん、実写を映画監督の山下敦弘さんが担当しました。豊島区各地で撮影を行い、少女の目線を通した様々な魅力をカメラに収め、アニメーション編集により「はらはら、どきどき」とした少女の冒険がいきいきと描かれています。

しかしそれはとは全く別に豊島区×アニメイトとのタッグでも「池袋PRアニメ」が共同制作されており、ここに池袋の表の再開発と裏の再開発という2つの意図を持つ豊島区のツートラック戦略が見て取れます。

f:id:ikebukulog:20181204161732j:plain

来年1/17に本編の公開を控えた「池袋PRアニメ」ですが、今回予告CM15秒バージョンと30秒バージョンが公開!!

制作はなんとあのシャフトだそうです!

いよいよ本格化する池袋の観光地化。

約束の日は迫っている!

「誰もが主役になれる街・池袋」の魅力を発信!

www.youtube.com

■「池袋PRアニメ」
基本情報 監督:髙津幸央
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:渡辺明夫
キャラクター原案:蒼茉ゆる 出演:蒼井翔太
音楽:東大路憲太
アニメーション制作:シャフト
制作:池袋PRアニメ制作実行委員会
著作:豊島区・株式会社アニメイト

■ストーリー 舞台は、旧区庁舎跡地に2020年夏グランドオープンするHareza池袋や池袋エリア内に2020年までに整備予定の4つの公園など、2020年の近未来の池袋。ひとりの少女が池袋の街を飛ぶフクロウを追いかけていくと・・・ ひとりの少女の成長ストーリーを通して、「誰もが主役になれる街・池袋」の魅力が描かれます。

■「池袋PRアニメ」ホームページ https://www.city.toshima.lg.jp/424/17...

めっちゃ面白そう!

なんかこうワクワクしてきますね(笑)
本編がどのくらいの長さになるのかは分りませんが、これが恐らく池袋東口駅前の街頭ビジョンや、改修後の中池袋公園に設置されるであろう大型モニターで流されることになるんでしょうね。

だからもう東口エリアっていうのは観光地なんですよね。
今後は雰囲気的には京都とか鎌倉とか金沢とか、ああいう雰囲気の街へと変化していくんだろうと思われます。

あの周辺自体が非日常的空間として、「劇場都市」の中核を担っていく、そんなこれまでとは全く違った池袋が今まさに誕生しようとしている状況です。

そういうのはなってみないと中々実感出来ないものですが、少なくともこうして既に色んな動きが水面下で始まっていて、そこから予想される未来はなんとも楽しいものばかりです。

ikebukulog.hatenablog.jp

豊島区×アニメイト×pixivの3社がタッグを組んで開催された、公式キャラクターを決定する「ふくろう」 擬人化コンテストにおいて決定した、蒼茉ゆるさんによるキャラクターもしっかり登場しています。

アニメイトや整備改修が進む4つの公園、Hareza池袋や電気バスなど池袋の今が凝縮されたPVとなっており、なんとも期待に胸が膨らむばかり。

来年の公開が楽しみです!