イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

日本だけ萌えキャラの『大航海ユートピア』、中国による市場攻略は進む

f:id:ikebukulog:20181211064227j:plain

びっくりするほどユートピア!

何かと話題のこのタイトル、

びっくりするほどユートピア!

ではなく、『大航海ユートピア』。
とりあえず管理人もプレイを始めて見ましたが、この『大航海ユートピア』が何故話題になっているかと言えば、一目で分かります。

日本だけグラフィックが萌えキャラ仕様に差し替えに!
なんとも大胆な変更ですが、この仕様が話題になったこともあり、前のデザインの方が良いという声もあったそうで、両方切り替え可能になるそうです。

大航海ユートピア
大航海ユートピア
開発元:BBGame Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

しかしながら、こうして話題になるところまで含めて、随分と日本市場を研究しているなというのを実感しますね。

何処のメーカーなんだろうと思ったら、運営しているのは「BBGame」という会社なのですが、開発しているのは『荒野行動』や『Identity V』などでお馴染みの「NetEase」。

NetEaseは今年行われた「池袋ハロウィンコスプレフェス」にも『Identity V』として協賛しており、展示や特別ステージが開催されるなど、池袋とは浅からぬ関係があります(笑)

ikebukulog.hatenablog.jp

キャラクターデザインの変更という、このようなことにも気を配れるようになっているわけで、中国企業による日本市場攻略作戦は着実に進んでいるアル !(`ハ´ )

国内メーカーは戦えるのか!?

日本市場を重視するワケ

世界のソーシャルゲーム市場において日本は、中国、アメリカに次ぐ3位だそうですが、1人辺りの支出額では1位となっています。

要するに課金力最強ということですが、これはそもそものゲーム性の違いによるところが大きく、「ガチャ重視」のマネタイズが影響しています。

支出額の高い日本市場でセルラン上位に入ることが出来れば相当儲かるのは間違いないわけで、こうして海外製アプリがどんどん日本にも入ってきている状況ですが、そんな中でも存在感を発揮しているのが中国です。

『アズールレーン』や『ドールズフロントライン』などに代表されるような日本的擬人化手法をパ○リ、それをガチャではなくある程度遊べるゲームとして仕上げて輸出してくるという戦略が嵌っていますね。

更には『大航海ユートピア』のような形で、日本向けにカルチャライズしてくるといった市場攻略作戦が実行されていますが、そもそも『荒野行動』自体も『PUBG』が元になっていることは明らか。

これは脅威ですよ!

f:id:ikebukulog:20181001070042p:plain

滅亡の危機は国内メーカーですよ(笑)
中小企業だと既に開発費やゲームの規模に耐えられなくなっている上に、ガチャに依存したマネタイズが足を引っ張ってゲーム性で勝負出来なくなっているので、どうしても負けてしまいます。

そして中国企業の最大の強みは、海外で流行ったものを中国国内でコピーして、今度はそれを輸出するという禁断の技に対抗する手段が一企業レベルでは全くないという(笑)

『荒野行動』と『PUBG』の関係と同じ問題ですが、『Splatoon2』や『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』でも全く同じ事が起こっていまからねー。

中国企業が日本に進出してくる背景には、中国国内のゲーム市場が、規模は大きくてもあまり中国共産党から好かれている産業ではないということにもあるのかもしれませんね。

ゲームは1日1時間の高橋名人ルールや、 新規認可の凍結など規制が厳しくなっており、必ずしも自由市場とは言えない状況となっているそうなので、必然的に海外への進出せざるを得ない流れとなっています。

なんとも脅威を感じさせる中国企業のゲーム市場への進出ですが、これまたちょっと雲行きが怪しくなってきました。

アメリカのトランプ大統領が主張している知的財産権の保護というのは、要はそういうルール無視の無法を止めろという内容であり、現在、かなり追い詰められた状況となっています。

ハイテク産業が問題視されていますが、上記のようにゲームでも同じ事をやられて相手の企業は苦境に立たされているわけで、そうした公平さを要求されているのですが、これまでは全く聞く耳持たずでここまで来た中国も、今はもう「お前の命は後3秒」とケンシロウに宣告されたモヒカンのように90日ルールの刻限が日に日に迫っています。

今後更に厳しい要求を突き付けられる可能性もあり(というか確実にそうなる)、その場合、これまで厳しく規制されていた中国国内のゲーム市場も自由に外国企業に開放されるような事態になるかもしれません。

改革開放による輸入解禁!
そうなると、日本のメーカーも巨大市場に自由にアクセス出来るようになり、中国市場攻略作戦を実行に移せますし、新しいチャンスが生まれるかもしれませんね!

何はともあれ、全てはトランプ大統領の手腕に掛かっている!
頑張れボルトン補佐官、頼むぞライトハイザーさん!

USA!USA!USA!