イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋の微妙に使い道のないグリーン大通り、いっそのこと広場化!

f:id:ikebukulog:20181221063835j:plain

グリーン通りが池袋のメインストリートになる?

f:id:ikebukulog:20181221064009g:plain

池袋副都心交通戦略「池袋の交通のあり方を考える」によると、あの池袋東口駅前という一等地にありながら、交通量も少なく、凄まじく活用されていない超勿体無い大型道路、「グリーン大通り」に関して、もういっそのこと広場化してしまえということで、なんと車が通らない広場にする計画が進行中!

グリーン通りの問題点としては、自動車の交通量もさることながら、問題なのは歩行者の道線に全くなっていないことで、池袋東口の道線はサンシャイン60通りに集中しています。現在、サンシャイン60通りから隣のサンシャイン通りに歩行者を誘導する都市実験も行われていますが、その反対側にあるグリーン大通りは手付かずのままです。

グリーン大通りは、広い車道と広い歩道という好条件に恵まれているにも関わらず、これまで殆ど活用されてこなかっただけに、広場化することになれば劇的に駅前の環境というのは変化することになりますね!

コスプレイベントなんかも大々的に開催出来るようになるので、オタクにとっても無縁の話ではありません!

グリーン大通りはまだ本気を出していない

上記は今年5月にグリーン大通りで開催されていた「IKEBUKURO LIVING LOOP」というマルシェイベントですが、普段のグリーン通りはというと……。

f:id:ikebukulog:20170806160458j:plain

めっちゃ閑散としています(笑)
「IKEBUKURO LIVING LOOP」も、こうした状況のグリーン大通りを活用しようということで始まった実験的なイベントであり、今後オープンテラスなどを常設していくのに合わせた催しだったのですが、今後の計画を見ると、思い切って中央の車道自体を潰して広場化する予定となっています。

f:id:ikebukulog:20181221070056p:plain

こうなったら流石に歩行者の交通量も増えますよ(笑)
計画では、LRT(次世代型路面電車)の導線としても設定されているので、車は通らない歩行者と路面電車の道路に変更ですね。

f:id:ikebukulog:20181221065915p:plain

さらに、駅前の明治通りを封鎖。
ビッグカメラ、ヤマダ電機など家電量販店が並ぶ一帯を現在の4車線道路から2車線に縮小し、歩道の拡幅を行うという非常にダイナミックな計画となっています。

f:id:ikebukulog:20181221070738p:plain

南北区道は「Hareza池袋」前の通路で、アニメイト池袋本店前ですね。
現在は中池袋公園が閉鎖されたことで更に歩行者が滞留するようになっていますが、あそこも歩行者が多い時間帯は歩行者最優先とし、車両通行止めになるみたいです!

つまり、路上で座ってグッズを大量に広げたりしない限り、ある程度その場で滞留してグッズ交換なんかをやり取りする分にはそこまで問題ない感じになります。

駅前の明治通りを封鎖すると車道がどうなるのかという最もな疑問が沸いていきますが、上記の図をみると、旧三越裏、現在のヤマダ電機総本店裏手にあるWACCAと挟まれた道路がメインになり、あそこで曲がってグリーン大通りを直進し、最終的にはジュンク堂のところで合流するという駅前を通らないルートに変更されています。

マクドナルドやカラオケの歌広場、ビッグカメラアウトレット館などが立ち並ぶあそこが車道のメイン動線に変更されるとのことなので、駅前というと西武百貨店とかあの辺全部が広場になるという、現状からは考えられない大規模な変更です。

まさに池袋駅前の大改造ですが、これらのことはオタク民にとっても無関係というわけではなく、むしろ注視すべき動きです。

例えば『池袋ハロウィンコスプレフェス』のようなイベントも、グリーン大通りが広場化し、駅前が車が通らない広場になれば開催範囲が現在の倍以上の規模になることは想像に難しくありません。

そうなったら、今まで以上に華やかな街になりますね!
なんとも楽しみなこれらの動き、実証実験はだいたい既に終わりつつあり、2020年を目処に本格化していくスケジュールになっているので、池袋の本領発揮にはあともう少し時間が掛かることになりますが、「Hareza池袋」開業以降は否応に全国から注目が集まる街になっていきそうです。