イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

韓国「事実関係ごまかし」!豊島区はこの国と文化交流して大丈夫?

f:id:ikebukulog:20181228201048j:plain

嘘を暴く緊迫の13分間が公開

www.youtube.com

見てるだけで手に汗を握ってしまう!
防衛省が公開した韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射。

緊迫した状況ってまさにこういうことだというのを実感するような息の詰まる攻防となっていますが、確か波が高い状態で電波状況も悪い悪天候の中、北朝鮮の遭難船捜索の為にレーダーで探していたという話だったと思うのですが、天候は晴れで波も平穏そのもの、目視出来る範囲に船が見えるので捜索するのにレーダーを照射する必要性もないように感じられますが......。

証拠があるなら出せと主張し、こうした証拠を提出されると今後は「映像の提出は遺憾であり、事実関係のごまかしである」と嘘に嘘を重ねる韓国。

当初から主張が二転三転していますが、それに対して自衛隊側の発表は最初から首尾一貫しており、映像と整合性がるように見えます。

日本としても「映像は証拠にならない」と言い出すところまで最初から見通し済みで、この映像で証拠を突きつけて認めさせるというよりも、国内世論、海外へ発信してどちらかが嘘を付いているのか判断してもらおうという腹積もりのようです。

かつて民主党政権下で危機感を覚えたsengoku38が映像を流出させたという事件がありましたが、今回もまた政治的に伏せようとすれば内部から流出したかもしれませんね。

航空自衛隊の皆さんは年間で1000回以上もスクランブル発信して日本の空を守り続けてくれているだけに感謝しかありません!

それだけに今回の事態は憤りを覚えますが、更に頭が痛いのは、来年、「東アジア文化都市」に選ばれた豊島区は日中韓文化交流を掲げています。

これが仲良く交流出来る状況なのか!?

何処まで民間には関係ないが通用するのか?

阿諛追従という言葉もありますが、国内世論として日に日に心象が悪化している中、豊島区はこれで来年「東アジア文化都市」に入っていくわけですが、この「東アジア文化都市」自体は毎年開催されており、勿論今年も開催されていました。

来年は豊島区が選定され、池袋の新たなランドマーク「Hareza池袋」の先行開業や「グランドシネマサンシャイン」の開業など新しい池袋の姿を見せる飛躍の年と位置づけられているだけに、冷や水をぶっ掛けるかのようなこうした対立には頭痛の種です。

成功して欲して欲しいと思ってるだけに先鋭化していく一方の状況には神経を尖らせているのですが、日中韓で文化交流というお題目もいいんですけど、こんな状況で文化交流で仲良くしましょうと言っても、幾ら民間交流には関係ないとはいえ、結局ツートラックというのは無理というか、国民感情として、交流したいと思えないということになりかねないと思うんですけど、色々な意見を聞いてみたいところです。

豊島区に住んでいる外国人の方も多く、比率としても都内では高い方なだけに、当然、豊島区にも韓国人の方は住んでいるわけで、反感感情が高まれば、自分達が針のむしろになってしまうわけですし、決して歓迎されないと思う。

温厚な日本人でこれなわけですから、逆に外務省は韓国内の邦人に帰還命令を出したり渡航制限を掛けないともうリスクにしかならない状況にまで突入しているような気がします。

この情勢下で日中韓友好!
とか、やるのは現実問題として可能なのかという素朴な疑問。

『相棒』のドラマで外国のスパイに騙されて機密を盗み出し殺人にまで手を染めた女性が、そのスパイに「難しい事を考えもせず、知ろうともせず、何も見ようとせず、愛に溺れるだけの愚かな君は大嫌いだった」みたいな事を言われて盛大にフラれるという話があるのですが、盲目的にこういう状況から目を逸らして友好は正しいと見てみないフリをするのも限界に来ているのかもしれません。

来年こんなんで大丈夫なのかなぁ…...。