イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

サンエックス×日本コロムビアがタッグを組む『音戯の譜』1stCD発売!!

f:id:ikebukulog:20190110191634j:plain

サンエックス×日本コロムビアの最強タッグで送る女性向け新展開!!

サンエックスさんと言えば『リラックマ』や『すみっコぐらし』などの人気IPを多数抱えるヒットメーカーであり、日本コロムビアさんと言えば、演歌やJ-POPなどはもとより、『アイマスシリーズ』などのオタクジャンルも網羅する老舗レコード会社で音楽業界の重鎮です。

そんな2社がタッグを組んで新たに女性向けのコンテンツに乗り出しました!
『音戯の譜-CHRONICLE-』は、誰もが知っているお伽話をモチーフにした音楽主体の新企画ということで、『ヒプノシスマイク』のような感じですね。

3/27に初のシングルCDリリースとなり、第1弾は、鬼退治して故郷を守るために戦う「Momotroop(モモトループ)」と、舌を切られた姉雀の仇を討つために戦う「セツダン倶楽部」の2組だそうです。キャストはMomotroop、モモセ(CV: 仲村宗悟)、セツダン倶楽部、夜雀(CV: 土田玲央)残りのメンバーは非発表で今後順次発表されていくとのこと。

管理人も今に至るまで知らなかったのですが、企画として発表されたのは何と2017年の11月と1年以上も前!

第1弾のCD発売が今年3月でキャストも明らかになっているのが2名のみと、随分発表から立ち上げまでに時間が掛かっている印象がありますが、その間、昨年1年間で同系統のコンテンツである『ヒプノシスマイク』が大きく伸びましたし、大切に温めていた企画なんでしょうか。

満を持して登場のオトクロ、どうなるの!?

あえてゲーム主導のコンテンツではない?

『ヒプノシスマイク』があくまでの企画CDからあそこまで成長したことを考えると、ここ数年は女性向けコンテンツの始動はアプリゲームからスタートすることが多かっただけに、今後は企画CDから始動のコンテンツが増えてくるかもしれませんね。

サンエックス×日本コロムビアというタッグは、実はどちらかというとゲーム方面で活躍しきてきたタッグであり、『すみっコぐらし』のゲームを3DSやNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)などで発売すると、10万本以上を販売するそこらの中小サードよりも遥かに優良なソフトメーカーさんです。

そんなわけで知る人とぞ知るというタッグですが、サンエックスさんが可愛い動物系のキャラクターではなく女性向けのキャラクターを展開というのは面白いですね!

サンリオさんが始めた『サンリオ男子』を彷彿とさせます。
サンエックスも人気IPを多数抱えているだけに、どうヒットさせていくのかその手腕に注目です!

www.youtube.com

www.youtube.com

「桃太郎」は何となく分かりますが、「舌切り雀」をどうアレンジしていくのか、女性向けコンテンツとしてどう仕上げていくのか何とも興味深いですが、他にも「一寸法師」や「不思議の国アリス」などもあるみたいですよ!

モモセ役の仲村宗悟さんはMマスでもお馴染みですし、こちらでもメインになっていくかと思いますが、今後の展開が楽しみです!

1/12からは、「音戯の譜-CHRONICLE-」CD化決定を記念してアニメイト各店でイラストカードは無料で配布されるとのこと。絵柄は「Momotroop(モモトループ)」と「セツダン倶楽部」の2種類あり、池袋本店は「Momotroop(モモトループ)」ですね。

いったいどんなコンテンツなのか、CDには楽曲の他、ドラマも入るそうなので、そこで色々明らかになってくるものと思われます。

見せてももらおうか最強タッグの底力とやらを!