イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

このまま外国人観光客が増えれば池袋の「乙女の聖地」は消滅する!

f:id:ikebukulog:20190205073734j:plain

観光地化による無個性化が進む?

定期的な問題提起......ふふっ

などというお寒いギャグはともかく。

中国の方が多いなーと思ったら春節なんですね!
旧正月と言われる中国では一番の大型連休ということもあり、今年も日本に大挙しているみたいですが、池袋の街中でも少し歩いているだけでそれを実感します。

今年は雪ミクさんと戯れに北海道に行きたいなーと思って、ちょっと調べてみたのですが、宿泊施設は殆ど埋まっていて取れないんですね。宿だけではなく、食事にしても有名店などは半年以上前から予約で埋まっているそうですが、時期が時期ということもあり、中国からの観光客の方が多いそうです。改めて実感してしまいました。

それが「乙女の聖地」と何の繋がりがという話ですが、ハッキリ言えば、このままいくと池袋の「乙女の聖地」という個性は失われ、「乙女ロード」の形骸化、ひいては無個性なつまらない街になる可能性というのが非常に懸念される段階になりつつあるのではという危機感を持ちました。

「乙女の聖地」は消滅する!

f:id:ikebukulog:20181001070042p:plain

今の秋葉原は「オタクの聖地」?

f:id:ikebukulog:20190205073443p:plain

乙女ロードでも外国人の方を良く見かけるようになりました。
目の前がサンシャインシティということもありますが、「乙女ロード」の場所は変わっていないのに、昔ほど隔離されている感が失われているように見えます。

アニメイト池袋本店さんも海外からのお客様が増え、来客数が非常に伸びているそうですし、池袋は政策として観光地化を推進していまます。

池袋は際立った魅力、個性を持っておりカラーがハッキリとしているので、これからも外国人の方は増えるでしょう。そもそも池袋は西口などの一角が中華街化しているのもご存知の通りです。

ふと、そこで疑問に思ったのですが、今現在「乙女の聖地」と呼ばれている池袋ですが、観光地化していくということは、分かり易く言えば無個性化していくということに他なりません。

特にお城やら仏閣やらピラミッドやらスフィンクスやら、そうしたアイコンとなる歴史的建造物があるのならともかく、秋葉原にしても池袋にしても「○○の聖地」という特色は、形のない抽象的、概念的なものなので、どうしても環境により受ける影響が大きく変容していきます。

秋葉原を見ていても分かりますが、「オタクの聖地」というのは形骸化しており、オタク離れが進み、街としての主たるメインは観光客になっています。管理人も昔に比べて秋葉原に行く機会は激減しました。

観光地として人気の京都なども激しい日本人離れが起こっています。
実際問題、人でごった返して、あちらこちらから中国語や韓国語が飛び交っていては、とても京都の魅力であり個性である古き良き「古都の風情」を感じられません。

肝心の外国人観光客からも混雑が酷くて京都らしさを体験出来ないという声が挙がっているそうです。加えて、中韓からの来訪者が多いからといって、街中に中国語やハングルで書かれた表記を大量に増やしてしまっては、それ自体が景観を破壊するものであるのも事実でしょう。

断っておきますが、これは別に差別や偏見ではありません!
仮に自分が海外の観光地に旅行に行ったとき、そこに日本語表記で何でも書かれていれば確かに便利ですが、しかし、それはその場所にはそぐわない表記だと思いますし、そもそも日本語を見たくて海外まで旅行に行っているわけではないでしょう。

海外旅行に行くということは、ある種、その不便さを享受するものでもあると考えます。だから別に不便でも良いんですよね。


話を戻すと、このまま「乙女ロード」などの「乙女の聖地」と呼ばれる特色ある池袋のオタク街に、その魅力や個性を求めて外国人観光客が増えていくと、必然的に「乙女の聖地」という要素は薄れ形骸化していくことになります。

つまり秋葉原のようなことになり得る。
池袋の“乙女離れ”が始まるということです。

より具体的な問題として商品として取り扱う作品の傾向自体に外国人観光客向けのマーケティングが働くので、普遍化する圧力が高まります。

要するに女性向け作品のドラマCDを取り扱うより、『ドラゴンボール』を取り扱おうということになるんですよ(笑)

ニッチでマニアックなものより、メジャーなものの方が広くリーチ出来ますからね。
でもそうなったとき、じゃあこれまで池袋を「乙女の聖地」たらしめていた要素はどうなるの?

それこそが無個性化による「乙女の聖地」の消滅に直結しています。
京都でさえ苦しんでいるわけで、これは必ず今後直面する問題です。

池袋は観光地化していく。これはもう確定しています。
現在はその直前の段階にあるので、まだこうした問題は表面化していませんが、2年もしたら肌感覚で実感出来るくらいに大きな問題になるのでは?

徐々に増えていくと良かったのですが、アベノミスクによって日本は急激に外国人観光客が増えたので、受け入れる方ばかりでまだまだ観光公害に対しては課題が山積です。

我々は今のうちからその覚悟をしておかなければならない!