イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

「池袋」さん、うっかり3年連続住みたい街ランキング1位に輝く!

f:id:ikebukulog:20190206065851p:plain

“都心回帰”がキーワードに?

f:id:ikebukulog:20170511190539j:plain

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」が発表した「2019年 首都圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」によると、首都圏「借りて住みたい街」ランキングで3年連続となる「池袋」が1位を達成とのこと!

いつの間にか「池袋」のポジションも変化しつつありますね(笑)
再開発が進み、区庁舎の南池袋移転などを契機にランクインするようになっていきましたが、3年連続ということで、確実に人気、需要が高まっているようです。

首都圏「借りて住みたい街ランキング」は、「池袋」が3年連続で1位となりました。賃貸物件は、都内に多数ありますが、2位以下を大きく引き離し、不動の人気を保っています。「池袋」は、駅周辺が広く発展しており、商業施設や娯楽施設が集中する繁華街でエンターテインメント性があること、JR山手線や西武池袋線ほか計8路線が乗り入れるビッグターミナルでアクセスに便利なこと、大学や専門学校などが多くある学生の街であることなどが人気の理由と考えられます。
https://www.homes.co.jp/cont/s_ranking/shutoken/

複数の鉄道が乗り入れるビッグターミナルとして交通の拠点となっている利便性の高さや、商業施設、娯楽施設が集中しているといった要素が評価されているようです。

西武鉄道本社ビル「ダイヤゲート」や「Hareza池袋」のオフィス棟開業などにより、企業の移転なども進んでいくかと思いますが、駅前の広場化や西口の再開発など、まだまだ道半ばで今後も盛り沢山なので、もうしばらくこの人気も続くのではないでしょうか?

「南長崎」や「椎名街」「大塚」などもお勧め!

池袋を中心に考えるのであれば、そのサテライトタウンとして1駅隣の「南長崎」や「椎名街」「大塚」といったエリアも選択肢に入ってきます。

池袋駅周辺よりむしろ住み易いのではないでしょうか?
ビッグターミナルだと、駅周辺にはスーパーより百貨店という感じになってしまうので、逆に住むのには不便ということになりがちです。

1駅程度であれば、池袋まで電車に乗らなくても行ける範囲ですし、利便性を享受するには十分です。とりあえず池袋まで行けば何でもあるので、住むということを考えるのであれば、コスパ的な面からも周辺の方が確実に快適だと思います。

都会に住んでいると、1駅程度の距離なら歩いても全く問題にならない距離ですし、そういう意味では地方の人の方が歩かないかもしれませんね(笑)

地方は車社会なので、何処に行くのも車が移動手段になり、すぐ近くのコンビニでさえ車を使ったりしますからね。コンビニも広い駐車場を構えていたりするので、街や社会全体が車ありきで構築されているのが都心部との大きな違いではないでしょうか。

人によって物件選ぶ際、何を優先するのかは違いますが、管理人の場合、安定とは正反対の“変化や発見”だったので、その時点で1駅隣というような選択肢はありませんでした(笑)

利便性や快適性だけを求めるなら今住んでいる場所より良い条件の場所があると思うんですけど、乙女ロードや激変する東口の中で、何かしら常に発見やリアルタイムの空気を感じ取れる環境というのを考えるとどうしても選択肢が限られてしまうのがネック。

結構、深夜とかに色々と発見することもあるんですけど、そういうのも現在の環境あればこそで、これが1駅でも離れちゃうと全く機能しなくなりますからね。

昔は秋葉原にも結構そういう人が沢山いたのですが、今はもっと違う意味で住み難い街に変化してしまったのが残念です。

それはともかく。
折角なので池袋に住んでみるというのも選択肢としては有りだと思います。
特にエンタメ性を求めている人には最適なんじゃないでしょうか!

その際は東池袋エリアか南池袋エリアが良いと思いますが、再開発も進んでいますし、ますますオタク街化も進行していくので引っ越すなら今しかない!

f:id:ikebukulog:20190206075920p:plain