イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

Hareza池袋に新劇場OPENのドワンゴ、決算がえげつない赤字で大丈夫?

f:id:ikebukulog:20190215071339p:plain

角川との合併が大きく影響

カドカワさんの決算が公開されましたが、出版事業はまぁまぁの角川側に対して、合併したドワンゴ側の業績がえげつないことになっており、厳しい赤字となりました。

2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、売上高2070億円(前回予想2310億円)、営業利益19億円(同80億円)、経常利益29億円(同91億円)、最終損益43億円の赤字(同54億円黒字)に。

これに伴い、川上量生氏始め、池袋ではお馴染みの横澤氏などドワンゴ側の役員が軒並み降格という形となっていますが、ドワンゴの事業計画に対する進捗が当初計画を大きく下回る推移となり、37億9900万円の特別損失を計上。

ニコニコ動画の有料会員減少の他、スパイク・チュンソフト取締役会長でドラクエの開発にも携わった中村光一氏による渾身の位置情報ゲーム『テクテクテクテク』が期待値を大きく下回る見込みとなるなど、ドワンゴ側に好転の兆しが全く見えません。

角川との合併による相乗効果があったのか何とも言えませんが、ドワンゴさんといえば池袋にも縁が深く、ニコニコ本社の池袋への移転に始まり、現在建設中の新たなランドマーク「Hareza池袋」内にもドワンゴさんが運営するサテライトスタジオが出来るなど、池袋のキープレイヤーでもあります。

このままで大丈夫なの!?

ニコニコ動画はもう……

f:id:ikebukulog:20180424050747p:plain

当初は珍しかったニコニコ動画も、今となっては厳しくなっています。
管理人も今となっては殆ど見る機会というのがなくなりましたね。

ニコニコ動画を改修してどうにかしようという方向性は現実的には難しいのではと思われます。Googleという超大手資本のYoutubeに対して、ニコニコ動画の回線環境などに幾ら投資をしても、規模では太刀打ち出来ませんし、利便性なども及ぶべくもないので中途半端な事にしかならないのではないでしょうか?

もっというと、シークも出来ない、画質も酷い、ニコ生を見ようと思ったら追い出されるみたいな環境を余りにも長らく放置しすぎた所為で、大多数の人は離れていますし、それが多少改善されても人が戻ってくるかというと……。

加えて、ゲームの動画などでもありがちですが、汚らわしい醜悪な工作コメントや誹謗中傷などの汚染が酷すぎて、コメント機能がまともに機能していない、不快なコメントだらけでコメントを流さない方がマシという状態になりがちです。

そうなるともうニコニコ動画である意味もないので、Youtubeなどに流れるのは必然ですし、運営の怠慢というか、この状況が今から何とかなるかというとこれはかなり難しいのではないでしょうか。

『テクテクテク』に関しては何ですかねー。
管理人も少しだけプレイしましたが、ゲーム自体にも問題がありますし、それ以上に位置情報ゲームというのはその性質上、一人1種類しかプレイ出来ないと思われます。

歩くという行動をゲーム化しているので、複数のゲームを同時にプレイすることが出来ません。そういう意味では『ポケモンGO』が大ヒットを経て日常レベルに浸透している現在、あらゆる位置情報ゲームはニッチな存在にしかならず、競合すら無理という状況です。『妖怪ウォッチ ワールド』も同様だと思う。

こうなるともうドワンゴさんとしては超会議などのイベントや劇場運営とかにスライドしていった方が良いと思いますが、ニコニコ動画への投資は湯水の如くで泥沼なだけに、池袋にも影響がある話題なので気になるところです。

もうまもなく新劇場もOPENとなりますが、ドワンゴの苦境を救う一筋の光となるのかどうか、池袋が命運を握っている!?