イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【悲報】テトリスDSを完走出来る管理人、テトリス99で全く勝てない

f:id:ikebukulog:20190217073709j:plain

更なる進化を遂げる新発明『テトリス99』

みんなテトリス上手すぎぃ!

『テトリスDS』でレベル20をクリア出来る管理人がドン勝出来ないだと!?
結構テトリスには自信があったのにショックを隠せない……。

「Nintendo Direct 2019.2.14」にて発表された、Nintendo Switch Online加入者限定特典のニンテンドースイッチ『TETRIS 99』

www.youtube.com

ルールは単純明快!
99人の中で『テトリス』が一番上手い奴が優勝です。

プレイ時間も極めて短く、ついついずっとプレイしてしまいます。
『テトリス』や『ぷよぷよ』のようなパズルゲームが長年廃れないのは、複雑なゲームとは正反対の手軽でついつい遊びたくなる単純さにあるんでしょうね。ソシャゲで『パズドラ』や『モンスト』がヒットしたのも同じような理由です。

『テトリス99』は、最後の10人くらいまで残ると脳汁が出てテンションも上がりますが、そこからが魔境すぎて全然勝てない(笑)

現在流行している「バトルロイヤル」というジャンルと、30年以上の歴史を持つパズルゲーム「テトリス」を組み合わせることで、全く新しい遊びを生み出している温故知新のゲームとなっています。

まさに遊び方の新発明であり、バトルロイヤルと言えば『フォートナイト』や『荒野行動』、『オーバーウォッチ』、そして最近一気に流行りだしている『Apex Legends』などシューターを基本としていますが、それをパズルゲームの古典『テトリス』と組み合わせる逆転の発想が凄い!

天才の発想!

そしてたったそれだけの事がめちゃめちゃ面白い!(勝てないけど)
これぞアイデアの極地というか、「枯れた技術の水平思考」という任天堂に根付く有名な哲学がありますが、こういうのをいきなり出せる、出してくるところが任天堂の凄みですね。

ゲームとして30年以上の歴史を持つ「テトリス」の遊び方の新発明!
アプローチの仕方やアイデア次第でゲームはまだまだ面白くなるということが分かる、可能性を秘めいてるタイトルじゃないでしょうか!

昨年には『TETRIS EFFECT』(テトリスエフェクト)も!

昨年には水口哲也さんによるPS VRや4K解像度に対応した、『TETRIS EFFECT』(テトリスエフェクト)が発売されましたが、このタイトルはその名の通り、グラフィックやエフェクト、ビジュアルといった視覚的表現を最新の環境に合わせて進化させたものでした。

www.youtube.com

要は綺麗になった『テトリス』で、ハードの高性能化に合わせてリッチな表現を用いたタイトルという、こちらは従来通りの進化の仕方という感じです。

逆に『テトリス99』は、そのまま遊び方の新発明になっていて、こっちは従来通りの発想から出てこないであろうアイデア勝負のゲームになっているので、『テトリス』というゲームの進化の在り方としては全く正反対になっているのが面白い。

昔、DSで『テトリスDS』というゲームが任天堂から発売されていたのですが、マラソンモードでレベル20(ブロックが登場したと同時に下に瞬間移動する)をクリア出来るので『テトリス99』もそこそこイケるでしょ! とか思ってたのに絶望ですよ(笑)

『テトリスDS』は非常に操作性が良く、レスポンスが抜群なので数多くある『テトリス』の中でも一番好きで良くプレイしていたのですが、逆にそれに慣れているとゲームセンターのテトリスとかは全然出来ません。特にブロックの移動に硬いレバーは致命傷すぎて......。

『テトリス99』も開発はアリカさんということで、非常にレスポンスに優れているので、操作性を言い訳に出来ず、勝てないのは自分の腕の所為という潔い良い仕様。

99人対戦ということで気になるのがマッチングですが、ゲーム自体が複雑なものではなく誰でも気軽に楽しめる『テトリス』であり、プレイ時間も一瞬なのでマッチングも早く全く心配要りません。

何より『テトリス』みたいなゲームはちょっとした空き時間などにいつでも遊びたいゲームなので、そういう意味でもこれをNintendo Switch Online加入者限定特典に持ってきたのも上手い。

これだけで元が取れますよ(笑)
何なら毎月1番遊ぶゲームになるかもしれませんね。
『Splatoon2』も1戦は短いですが、それより遥かに短く早いので、気軽に遊べて最高です。

それにしてもこんなアイデアがスッと出てくる辺り、任天堂らしいですね!
なんというかゲーム業界は、とにかく凄いゲームを作りたいという考えが蔓延していますが、求められているのは凄いゲームじゃなくて、面白いゲームというところでメーカーとユーザーの認識の齟齬が大きく乖離しているだけに、『テトリス99』のような柔軟な発想はソフトメーカーが最も苦手としている部分です。

ゲームはまだまだ色んな可能性を秘めていることを教えてくれますが、とりあえず全然勝てないのでしばらく『テトリスDS』で修行してきます!(,,゚Д゚)∩