イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

乙女ゲーム『絶対階級学園』のクラウドファンディング調達額が凄い!!

f:id:ikebukulog:20190226055615p:plain

PC版『絶対階級学園』のファンディスクを目指すプロジェクト

13,333,000円!?

( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚ Д゚) …!?
桁を一つ見間違えてる......と思ったけどマジ?

PCで乙女ゲームの開発をしている「Daisy2(デイジーデイジー)」さんが、クラウドファンディングの国内サイトCAMPFIREにてプロジェクトを公開されています。

このたび弊社の乙女ゲーム作品『絶対階級学園』のファンディスク(PC版)を目指すクラウドファンディングを実施いたします。
たくさんの皆様に評価していただきながらさまざまな事情で派生展開ができなかった本作に、今度こそ皆様が望んできた甘く素敵な展開をさせてあげたいというプロジェクトです。
https://camp-fire.jp/projects/view/111749#menu

PCといっても開発されているのはR-18ではない全年齢の乙女ゲームだそうですが、そんな「Daisy2(デイジーデイジー)」さんが、2015年に発売した『絶対階級学園』のファンディスク(FD)開発を目指すプロジェクトで、目標金額は1,500,000円となっています。

そんな『絶対階級学園』ファンディスクですが、終了2日前にして目標金額の888%を達成し、調達金額は大台の1000万円を超えるなんと、13,333,000円!

CAMPFIREで他の案件を確認してみてもその調達額は群を抜いています。
クラウドファンディングで1000万円以上を調達するのは超大型プロジェクトと言えますが、PC乙女ゲームという決して大きいとは言えない超ニッチな市場において、アニメ化や映画化といった幅広く資金の集まり易いプロジェクトではなく、ファンディスクでここまでの資金を調達したのはめちゃくちゃ凄い!

正直、感動した!

ファンとメーカーのWin-Winな関係

乙女ゲームと対となる美少女ゲームにおいても、クラウドファンディングで、かつて『Dies irae』のアニメ化企画が1億円を達成したり、OVERDRIVEさんの最終作となる『MUSICA!』がCAMPFIREでは初の1億円越えを達成するなど、ニッチな市場でありながらもときに大爆発を起こし他のプロジェクトを圧倒するような資金調達に成功しているのも一つこうしたコアなジャンルの特徴です。

元セガの鈴木裕氏がE3のPSカンファレンスで大々的に発表し、壇上でKickstarterでの開発資金調達を発表したドリームキャストの伝説的ゲーム『シェンムー』シリーズ最新作『シェンムー3』でさえ、Kickstarterのビデオゲーム部門では過去最高の金額を調達したと言われた金額が約7億8500万円なので、国内の美少女ゲームで1億円以上を調達するということが如何に偉業なのか良く分かりますね!

勿論、1000万円でも桁を見間違えたのかと思うほど凄い事です。
『絶対階級学園』はプレイしたことがないのですが、これだけの金額を調達したということは、余程良いゲームだったんでしょうね!

結局はクオリティ次第であり、本編が面白かったからこそFDに期待する人が増え資金が集まるということなので、これはプレイしてみるしかないですね。因みに本編の方はプロトタイプさんからPS4&VITAに移植されているので、PCを持っていないという方でも遊べます。

『絶対階級学園』ファンディスクの目標金額が150万円となっていますが、これは最低限であり、乙女ゲームというジャンルである以上、ストレッチゴールで絶対に達成したいのは、全編がフルボイスになる1200万円です。

調達額は1300円以上ということで、フルボイスも無事に達成され更に細かくゴール報酬が追加されています。

こういう形でメーカーとユーザーの両者がどちらもWin-Winの関係になれるクラウドファンディングは本当に素晴らしいものであり、その支援しようという温かさに感動するばかりです。

クラウドファンディングは、何でもかんでも達成するような決して簡単なものではなく、上述の美少女ゲーム業界にしても過去には、メーカー名とゲーム名は伏せますが、目標金額1000万円で調達額が100万円程度、目標金額に達成する前に振込む先払い方式で(All-or-Nothing方式ではない)、期間が終了して未達なのに勝手に第2シーズンを始めて延長し払い戻さない、挙句社長が逃亡で音信不通、裁判沙汰といったような、詐欺案件などもありました。

目標金額は低く、達成目標は詳細かつ具体的に細かくストレッチゴールを設定していくというのが鉄則であり、資金を調達するからにはそれなりの計画性が求められます。

「Daisy2(デイジーデイジー)」さんクラウドファンディングに初挑戦だそうですが、多彩なコースが用意されており、プロジェクトも非常にしっかりしています。

何より、どうしてこのプロジェクトを立ち上げたのかという熱い思いや、端々から熱意が伝わってくるのが素晴らしく、ユーザーの好感を得ての成果なのではないでしょうか。

今回のことで認識を新たにしましたが、乙女ゲームもまだまだ捨てた捨てたものじゃないというか、乙女ゲームといえばオトメイトさんなどの大手メーカーがいますが、幅広いユーザーを持つコンシュマー市場ではなく、PC乙女ゲーム市場という狭い市場でこれだけの資金を調達出来るというのは素直に感動を憶えます。

ロマンと希望を感じさせてくれる素敵なプロジェクトとなっている『絶対階級学園』ファンディスク。

残り2日となっていますが、最後まで目が離せません!