イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

一生歩けるRPG『テクテクテク』たった7ヶ月でサービス終了......。

f:id:ikebukulog:20190313172039j:plain

一生歩けるとは何だったのか......?

かつてあの『ドラゴンクエスト』や『風来のシレン』など、数多くのヒット作に携わり天才とも呼ばれた中村光一氏がプロデューサーを務め、ドワンゴから期待の超大作としてリリースされた“一生歩けるRPG”『テクテクテク』。

今回、6月17日でのサービス終了が発表され、一生歩けるどころか昨年の11月からわずか7ヶ月でのサービス終了ということになってしまいました。

7ヶ月といっても、終了が告知されてからは猶予期間でしかないので課金されることもなく、実質的には発表された時点で終わりと考えると、わずか4ヶ月......。

それにともない予定されていたVutber「月ノ美兎」「電脳少女シロ」「ミライアカリ」「猫宮ひなた」とのコラボが中止に。

管理人も1週間に1度起動するくらいのペースで遊んでいましたが、いよいよスマホアプリ市場にも大寒波襲来ですね!

潰れる会社も出始める

f:id:ikebukulog:20190313172907j:plain

課金収益が800万円で赤字が8億円というのも凄いですが、続ければ続けるだけ大ダメージで立て直せる改善見込みが一切ないという地獄の状況。まぁ、確かに「高須委員長貰える」とかCMしていましたが、それが本当に面白いと思っていたのかと(笑)

当初予想ではかなりの大ヒットを見込んでいた『テクテクテク』ですが、位置情報ゲームは『ポケモンGO』が支配的で、『妖怪ウォッチ ワールド』も奮いませんし、基本的に一つプレイしていると他のゲームを同時並行で遊べないのが位置情報ゲームなので、『ポケモンGO』と直接の競合関係になるのは厳しいですね。

つい先日もTwitterで大量にゲームメーカーの社員が解雇されたという話が出回っていましたが、本日も『Fate/Zero [Next Encounter]』、『魔法少女まどか☆マギカ オンライン』、『進撃の巨人 -反撃の翼-』や乙女系ゲーム『B-PROJECT 無敵デンジャラス』などを開発、運営していたS&Pの倒産が発表されるなど、徐々に市場に落ち込みが深刻化しているスマホアプリ市場。

バブルが終わりこれからは淘汰の時代に入りましたが、中小はともかく、ドワンゴさんのようなところでも成功出来ないというのが市場の攻略の難しさを物語っています。

これからこういう倒産も相次ぎそうですが、ドワンゴさんはニコニコもあんな感じですし、カドカワの足を引っ張っているので何かしら新規に打ち出しところですが果たして上手くいくのでしょうか......。

池袋の新たなランドマーク「Hareza池袋」にはドワンゴさんが運営する劇場もあったりと、あながち無関係とも言えないだけに今後の動向が気になるところです!

f:id:ikebukulog:20170821101042j:plain