イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

『ゼロの日常』が累計130万部突破しサンデーで2番目に売れてしまうw

f:id:ikebukulog:20190320064741p:plain

衝撃の数値が明かされる

今週の週刊少年サンデーを読んでいると、『名探偵コナン』が休載となり代わりに『ゼロの日常』が掲載されていました。

今年の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』公開直前だと言うのに、怪盗キッドや京極さんではなく、未だに安室さんを全力プッシュのサンデー。

それで良いのか!?
と、思いつつ読み進めようと思ったのですが、何やら恐ろしい文章を発見。
なんと『名探偵コナン』のスピンオフ漫画『ゼロの日常』ですが......。

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

ひゃ、130万部!? 

  <PR>

既に発行部数が累計130万部を突破している公安のヤベー奴。
3巻の発売日が4月10日なので、僅か2巻で130万部を達成しており、1巻あたりのアベレージ(平均)は驚愕の65万部!!

サンデーで2番目に売れる漫画、

それが『ゼロの日常』

そりゃあ編集部も安室さんを全力で推しますよ

この1巻平均65万部がどれくらい凄いかというと、サンデーで最も1巻あたりの平均売上が大きいタイトルは『銀の匙 Silver Spoon』で、だいたい大雑把に80万部くらいです。

次は『名探偵コナン』となっており、概ね60万部くらいでしょうか。
コナンは巻数が多いのでアベレージを正確に計算しようと思うのとめっちゃ大変なのでやりませんが、シリーズ累計では到底及ばないにせよ、『ゼロの日常』は既に1巻平均なら本家『名探偵コナン』とほぼ同等の推移になっています。

勿論コナンあってのスピンオフ漫画なのでこの比較に意味はありませんが、つまり一言で言うと、

サンデーで2番目に売れる漫画

と、いうことになるから恐ろしい(笑)
昨年の映画に合わせたスピンオフ漫画という企画だと思っていましたが、そりゃあコナンが休載になるタイミングで『ゼロの日常』を継続連載するよね。

3番目は『MAJOR 2nd』で25~30万部くらいということを考えると、如何に突出しているのか分かります。

たった2巻で130万部も売れるような大ヒットコミックが新規で登場したら即座にアニメ化決定していますし、売上的には雑誌の看板作品で柱と言っても過言ではない圧倒的人気作品です。

今すぐサンデーは『赤井の日常』の連載を始めた方が良いですね(笑)
シャアとアムロは対立関係なので、赤井さんにも出番がないと不公平......というのはともかくとして、まず間違いなく何十部規模で売れる漫画になるでしょうこれは。

スピンオフ漫画がこれだけ売れてしまうと、『ゼロの日常』も単なる企画モノで終わらすには余りに勿体無いですし、連載を止める理由がありません。

f:id:ikebukulog:20190320072937p:plain

サンデー編集部はこんな心境ではないだろうか?

しかしこうなると昨年だけではなく今年から来年、その先どうなるかは分かりませんが、普通に本編と平行して『ゼロの日常』も同時並行で連載が進んでいきそうな気がしますね。

映画だけでなく、漫画も爆売れスマンの圧倒的大ヒット『ゼロの日常』。

トリプルフェイスの凄い奴は売上も凄かった!