イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

Googleの新ゲームハード「STADIA」発表されたけど、ぶっちゃけどう?

f:id:ikebukulog:20190320161640p:plain

GDC2019にて噂の新ハード「STADIA」が初公開!

「Game Developers Conference 2019」(通称GDC)にて、かねてから発表されると言われていたGoogleの新ゲーム機「STADIA」がお披露目されました!

新ゲーム機とはいっても、クラウドを活用したゲームストリーミングサービスプラットフォームなので実際にはゲームハードと呼ばれる本体があるわけではありません。

クラウド上でゲームを実行する為、プレイするハードを選ばないのが特徴でPCやテレビ、スマホといったネット上に繋がる端末なら何でもOK!

プレイヤー1人に割り当てられるハードウェアは、データセンター向けGPUがAMD、CPUはカスタムのx86などが採用、GPU演算性能は10.7 TFLOPSということで、現行存在するゲームハードとしては最高性能です。

4K解像度/HDR対応/60fpsが実行出来るスペックとなり、将来的には8K解像度の120fps以上もサポートするとのこと。

www.youtube.com

ぶっちゃけどう思う?

結局はソフト?

クラウドゲームの問題点は常に遅延だと思いますが、ネットを介するのではなくデータセンターから直で繋ぐことによって遅延の低減を図るとのこと。

それでどれくらい快適に遊べるかですね。
データセンターからの距離にもよるでしょうし、最初の配信地域に日本は入っていませんが、回線環境の面では日本はトップクラスだと思うんですけど、それでどうなるのか......。

5Gでその辺の問題は何でも解決みたいな話も聞きますが、そもそも5Gって、4Gが5Gに完全に切り替わるのではなく、用途に合わせて5Gと4Gで使い分ける併用路線でしたよね。定額制の見直して従量制にしないと厳しいみたいな声も聞こえてきますし環境面でも問題はまだまだ大きそう。

技術デモでアサクリの動画が公開されていますが、アサクリって(笑)
いや、それは良いんですけど、E3でも毎年同じようなソフトばかりで飽きられていますが、アサクリとかその辺の洋ゲーが出るとしてどうやって他のハードと差別化していくのかに注目です!

独占のソフトもあるそうですが、結局はソフトだと思う。
これで今後、AppleとAmazonもクラウドゲームに参入するそうですが、

【クラウド陣営】
・Google
・Apple
・Amazon

【コンソール/クラウド併用陣営】
・MS

【コンソール陣営】
・任天堂

【不明】
・SONY

と、こういう構造になっています。
SONYだけ次世代機の戦略が全く不明なので良く分かりませんが、アメリカの4社はどれだけソフトで差別化出来るのかと考えるとかなり微妙なような......。

その為、MSはファーストパーティーの強化でソフトハウスの買収に力を入れており、自社ハードのラインナップを強化していますが、GoogleやAmazonなども同じような動きになっていくと、世界中でソフトハウスの奪い合いが激化することになりそうです。

日本のメーカーも無縁でいられるのかな?
と、考えると必ず影響は出てくると思いますが、どこまで独立性を保っていられるのかという点にも注目ですね。

「STADIA」はロンチに100個程のゲームを用意しているそうですが、マルチゲーばかりになったら何の魅力も無いので、面白そうと思える独占タイトルがあるのかどうかに掛かっています!

多分、ソフトはE3で発表かな?
でもE3は小売の商談会ということを考えると、クラウドゲームで商談も何もないでしょうし、別にそこに拘る必要もありません(笑)

Googleがゲーム業界に新たな嵐を巻き起こすのか!?
でも、なんかあんまり既存のハードとは競合しなそうなんですよね......。
どっちかというと対岸でAppleとAmazonとGoogleが殴り合いしてるような印象があるw