イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【開花情報】池袋の桜、来週満開かな?

f:id:ikebukulog:20190322183514j:plain

5部咲きくらいに?

日本人が最も愛する桜の季節がやってきました!
桜が満開になるのはほんの数日だけ。

一瞬だけ美しく咲き誇り、瞬く間に儚く散っていく桜の美学は、古来より日本人の精神性として愛されてきたわけですが、さて、そんな桜がそろそろ池袋でも咲きそうです!

現在、改装中の中池袋公園ですが、桜が咲き始めているのを発見!
公園自体は秋までリニューアルで入れないのでお花見することは出来ませんが、桜を見かけるとなんとなくワクワクしてきますね!

ここ数日、とても温暖な日が続いた為、開花も一気に進み綻び始めてきました。
今日は今年1番の暖かさだったそうですが、このまま満開になるかというと、ちょっと一休み。

夕方以降は風が冷たくなり、雲も出てきて気温が一気に下がってきました。
明日明後日の土日は非常に寒い冬の天気に逆戻りなので一旦開花も小休止となり、来週の月曜からまた暖かくなりそうなので、桜の見ごろを迎えるのは来週末くらいになりそうです!

何故、梅ではなく桜なのか?

f:id:ikebukulog:20190322184851j:plain

f:id:ikebukulog:20190322184859j:plain

「Hareza池袋」の開業と共に中池袋公園のリニューアルも完了すると、ここも人気のお花見スポットになるかもしれません。カフェなどが併設されるそうなので、実質的にはこれまでより公園のスペースとしては狭くなることになるのですが、来年のこの時期、きっと今とは違った景色になっていることでしょう!

石平先生が某所で仰られていましたが、日本も昔は梅を愛していたんですね。
別に今は愛していないというわけではありませんが、菅原道真と言えば梅なように、昔は梅が日本でも重要視されていたようです。

中国では梅が大切にされていますが、日本独自の国風文化が発展していくと共に日本人の精神性と相性の良い桜に関心が移り変わっていったようです。

桜に比べて梅の開花はやや早いので、梅が咲きだすと、そろそろ桜も咲くなーというのが分かって便利なのですが、今も昔も変わらず日本人は桜が大好きというこの脈々と受け継がれている精神性が、古来からの連続性を感じさせてくれるのと同時に、そのスケールに壮大なロマンを感じます。

外国人観光客にも桜は人気で、暖かくなる春のこの時期、桜の名所は何処も人がいっぱいになりますが、気温によって時期が前後するので、中々訪日する日程を立てるのも難しかったりするそうなので大変です......。

桜は名所だけではなく、本当に色んなところで咲いているので、知られていないお花見スポットというのも沢山あるのですが、春に咲く桜を眺める、そんな日本人気質な“お花見”という国風文化が、これからも次の世代へと受け継がれ、末永く楽しませてくれることを望まずには入られません。

こういうのも外国人が増えているからこそ、尚更そう感じるんでしょうねー。