イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【そりゃないよ】秋元康、早くも飽きて声優アイドル「22/7」を放置か?

f:id:ikebukulog:20190402065414j:plain

一向にアニメが始まらない謎のプロジェクト「22/7」

アニプレックスとソニー・ミュージックレコーズにより2016年12月に誕生した秋元康総合プロデュースの声優アイドルグループ「22/7」(ナナブンノニジュウニ)。

メディアミックスプロジェクトとしてスタートし、アニメを担当するのは同ジャンルでは『アイドルマスター』などの製作を手がけたアニプレックスということで、いつアニメ化するのかと思って期待していたのですが、一向に肝心の話題が聞こえてきません。

2017年3月に初のリアルイベント朗読会が開催され、9月には1stシングル『僕は存在していなかった』が発売となり、リリースイベントが池袋サンシャインシティで行われました。

ikebukulog.hatenablog.jp

管理人もそれ以来期待していたのですが、既に始動から2年半。
放置か、放置なのか!?

もう飽きたんですか秋元さん!?

一応マメに活動しています

個人的に話題が入ってこないだけで、SHOWROOMの配信や、公式HPの更新頻度は高く、頻繁にイベント情報などが告知されているのですが、その割には重要なアニメ化などの吉報が入ってこないのでどうしても放置気味な気がしてならない......。

一応、今年に入ってから「22/7 定期公演 ナナニジライブ #○」(○内は数字)を開催しており、既にナンバリングは4となっているので、リアルイベントでの活動はそこそこ多く活発です。

7月22日には『ナナニジフェス 2019』も開催とのことですが、そこでついに具体的なアニメの放送日が発表されるのでしょうか?

www.youtube.com

曲やユニットの雰囲気は欅坂などに近く、これまで発売された3枚のシングルはサンシャインシティ噴水広場やニコニコ本社などでリリースイベントが行われていることもあって池袋とも縁が深いので、管理人もその度に見に行っているのですが、如何せんそこから先をどうするのという肝心の部分が見えてきません。

ikebukulog.hatenablog.jp

ikebukulog.hatenablog.jp

アニメ化を前提として企画がスタートしているので、とにかくアニメが始まらないことには認知度も上がらず話題性もどうしても劣りますが、問題はアニメ化したらしたで1クール(3ヶ月)で終わる間に、確たる人気を獲得出来なければ企画としてそこで終わってしまうというリスクもあるのがアニメです。

よって、出来るだけアニメ化前に盛り上げて人気を確立したいのですが、人気を確立する為にはアニメ化が必要という相反する状況に陥っています。

正直、これ詰んでるのでは......?
と思うのですが、ここまで「22/7」という企画の為にオーディションをして選ばれた11名のみなさんを専業で2年半近く拘束してきたわけで、それでアニメ化して3ヶ月で駄目でしたでは報われないというか、かといって現在のようにアニメと切り離して「22/7」として活動していくのも限界が近いとあっては、どうするんでしょう?

もうアニメ化カードも早々に切れないような気がする。
仮にアニメが大ヒットしたとしても、アニメを柱とした企画だと最終ゴールが劇場版なので、アニメ化以後の『ラブライブ』のような大ヒットパターンを踏襲したとしても、アニメ放送から3年が活動の限度。

それまで専業で拘束しておけるのかな?
仮にもし有り得るとすれば、アニメ化というのが「22/7」のメイン企画ではなく、「22/7」というアイドルユニットをプロモーションする為のただの手段であり、アニメが終わっても全く関係なくアイドル活動を続けるというのであれば問題ないのかもしれません。

とはいえそれは現実的ではないような......。
なんとも先行き不透明な「22/7」。

明日はどっちだ!?