イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

ポスト『刀剣乱舞』と呼ばれた『千銃士』、ポストのままサービス終了

f:id:ikebukulog:20190403171944p:plain

2019年6月11日15時でサービス終了へ

f:id:ikebukulog:20170727171255j:plain

『千銃士』がサービス終了へ。
『千銃士』と言えば、LINEとマーベラスのタッグによる超大型のメディアミックスプロジェクトで、当初からアニメ化まで決定しており、ポスト『刀剣乱舞』と有力視されていたのですが、2019年6月11日をもってサービス終了が発表されました。

2018年3月にスタートしたので、約1年3ヶ月でのサービス終了。
セルラン的にはそこまで絶望的に酷くもないけど、かといって上がり目もないという難しい状況でしたが、アニメ化まで行ったメディアミックス展開重視のアプリゲームでも僅か1年少ししか持たない状況。

確実に市場環境は悪化している!

オフライン版の配信を予定

サービス終了になっても、オフライン版でコンテンツを楽しめるように残すアプリゲームも増えていますが、とはいってもOSの更新の度に対応するわけではないので、結局はそのうちプレイ出来なくなってしまうのがネック。

買いきりのアプリゲームも、その対応が面倒で増えないというのもありますね。
しかしブラウザゲームの『刀剣乱舞』が5周年を迎える中、『千銃士』が1年3ヶ月というのは、初期に人気となりユーザー層を掴んだゲーム程有利であり、後続はどんどん厳しくなっているということなので、今後アプリゲーム市場では大ヒットゲームが中々生まれ難い構造となりつつあります。

こうなるとゲームの多様性も減るので、分かりやすく全体的なユーザー離れが起こり、市場縮小のサイクルに入ってくるので、今年辺り転換点なんじゃないでしょうか?

個人的に『千銃士』には期待していたんだけど......。
池袋ではアニメイトカフェさんなどでも展開しており、管理人も行った事がありますし、良く池袋マルイなどでも『千銃士』の展示やグッズを取り扱っていたのですが。何とも早いサービス終了。

f:id:ikebukulog:20170821101042j:plain 

ikebukulog.hatenablog.jp

ikebukulog.hatenablog.jp