イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

歌謡ショウは復活しそうにないけど、それで良いのか新サクラ大戦!?

f:id:ikebukulog:20190404063237p:plain

『新サクラ大戦』が復活させるのはゲームだけ?

遂に動画も公開された『新サクラ大戦』。
正統なシリーズの最新作としては2005年に発売した『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』以来となる14年ぶりの最新作。

www.youtube.com

お馴染みの主題歌はメロディが新しくなっているアレンジ版「檄!帝国華撃団<新章>」だそうです!

この音楽を聴くだけで高まってきますね(笑)
音楽は田中公平先生が続投ですが、他は大きく変更となっています。
メインキャラクターデザインを少年ジャンプで『BLEACH』の連載をされていた久保帯人先生、ストーリー構成を『タイムトラベラーズ』などのゲームで知られるイシイジロウ氏が担当という文字通り新たな陣容で描かれる『新サクラ大戦』。

豪華なキャスト陣も発表されています!
主人公役を演じられるのが阿座上洋平さん、他ヒロイン役を演じられるのは、佐倉綾音さん、内田真礼さん、早見沙織さん、山村響さん、福原綾香さんとなっています。

純粋に楽しみですが、このキャスト陣を見ると一つ気になることが。

これ歌謡ショウ無理でしょ!?

14年間の空白期間を繋いできたゲーム外の展開

何やら超大作が復活したみたいな扱いには若干の違和感も憶えますが、実はPS2で発売となった『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』は15万本程度の売上に留まっています。

同じくPS2で前日譚として発売された『サクラ大戦Vエピソード0 荒野のサムライ娘』は約6万本。同様に『サクラ大戦物語 ミステリアス巴里』は約7万本、『サクラ大戦3』の移植版は5万本と、セガハードから移行してからの『サクラ大戦』は非常に低調な結果となっています。

かつてセガサターンで発売となった『サクラ大戦2』は、シリーズ最高となる約60万本を売り上げたことから考えると、当時圧倒的に普及していたPS2での結果は寂しいものでした。

シリーズ最高売上が2だとすると、シリーズ最高傑作はドリームキャストで発売となった『サクラ大戦3』だと思いますが、当時は管理人もめちゃめちゃプレイしていた記憶があります。延々とコクリコスマッシュのミニゲームとかやってましたね(笑)

巴里編は有名なのはアノOPですよね!

www.youtube.com

OPの制作費だけで億を超えたと言われており、実際今見ても凄い!
盛り上がりとしても3が最高潮だった気がします。

『サクラ大戦4』が事実上の最終作となっているのですが、そこからの5ということで新しいスタートとなった紐育編はパワーダウン感は否めず、3までの自社ハードの看板タイトルという位置づけからは立ち位置も大きく変わっているので仕方ない面もあるかと思います。(だいたい5はヒロインがあんまり可愛く(ry)

そしてそこから14年間の歳月が開くことになりましたが、『サクラ大戦』のゲームが発売されなくなっても、何かと話題となり長く愛される作品となった背景の一つとして欠かせないのが歌謡ショウの存在ではないでしょうか?

今でこそアイドル作品などで実際にライブが行われることは当たり前となっていますが、『サクラ大戦』では実際に帝国歌劇団として声優の皆さんが演じる歌謡ショウが行われ、その活動が長く続けられました。未だにたまに話題になりますね!

管理人も「海神別荘」や「新・愛ゆえに」など、何度か観に行ったことがありますが、完全なライブとはまた違う歌謡ショウという演劇と歌の合わさった『サクラ大戦』の演目は、ゲームとはまた別にシリーズの人気を下支えするものとして大きく貢献していました。

池袋とも縁が深く、現在のセガ池袋GIGOには当時「大正浪漫堂」というサクラ大戦の常設コラボカフェがあり、長らく『サクラ大戦』の聖地としてファンに親しまれてきまたのも懐かしい思い出です!

 f:id:ikebukulog:20180415161204j:plain

f:id:ikebukulog:20180415162423j:plain

f:id:ikebukulog:20180415162451j:plain

閉店時にはキャストの皆さんが日替わりで来店しトークショーが行われたりといったイベントなどもあり、惜しまれつつも終わっていった「大正浪漫堂」。

『サクラ大戦』を復活させるというなら「大正浪漫堂」も復活させて欲しいですね。一応、今でもセガ池袋GIGOではセガコラボカフェを開催しているので、その一環としてなら復活は有り得るかもしれませんが......。

そんな『サクラ大戦』なので、シリーズが復活するという第一報を聞いたとき、またゲーム本編とは別に歌謡ショウなどの展開もやるのかなと思っていたのですが、発表された『新サクラ大戦』のキャストを見ると、そんなことは微塵も考えていなさそうな気がしてならない!

このメインキャストの皆さんでこれから何年も歌謡ショウのような演劇を続けていくつもりなら大したものですよ。そうなったら管理人も行かざるを得ない(笑)

でも、そういう想定は全くしていなさそうというか、勿論何かしらのイベントなどは開催されたりするのかもしれませんが、ゲーム外でまた別に何か展開していこうという配役ではなさそうです。

個人的にはそういうリアルでの展開あっての『サクラ大戦』という印象も強いだけに、復活がゲームだけに留まるのかどうかは気になるところです。

14年の時を経て新たに蘇る『サクラ大戦』。
リブートによってどこまでIPを復権出来るのか、かつての輝きを取り戻せるのかどうかは新作のクオリティに掛かっていますが、果たして再び大正桜に浪漫の嵐が吹き荒れるのか!?