イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

公式HPから「VRセンス」の設置店舗一覧が削除!VRの普及も任天堂頼りに?

f:id:ikebukulog:20180925160610j:plain

「VRセンス」公式HPから設置店舗一覧が削除

f:id:ikebukulog:20180313062854j:plain

もうVRは駄目なのか......。

コーエーテクモウェーブさんのアーケード向けVR筐体「VR SENSE」(VRセンス)ですが、2017年12月に満を持して稼動となったものの、遂に公式HPから設置店舗一覧の情報が削除されていました。

以前は公式HPに全国の何処のゲームセンターに導入されているかという一覧が掲載されていたのですが、それをわざわざ削除するということは......。

池袋では当初タイトーステーション池袋西口店に設置されており、管理人も何度かVRセンスをプレイしましたが、『DEAD OR ALIVE Xtreme』をこれから何処でプレイすれば良いんだ!?

といっても、目新しいのは最初だけで結局は何度もプレイするようなものではありませんし、プレイ料金が値下げされたとしても割高なのも事実なので、そもそもゲーム用途で活用しようという出発点がVRの間違いのような気がしてなりません。

VR元年と言われた2016年。
勢いに乗る形で様々なVR展開が行われましたが、どれも悲惨です。

ikebukulog.hatenablog.jp

池袋ではサンシャイン60通りのアドアーズがVR元年の盛り上がりを受けて、3階のフロアを丸ごと「VR PARK TOKYO IKEBUKURO」に改修。

f:id:ikebukulog:20171127154346j:plain

2017年12月7日にOPENとなりましたが、それから僅か4ヶ月後の4月15日には閉店となり、通常のゲームフロアへ逆リニューアルする破目になってしまいました。

こういうのは後になって、いや本当は2018年がVR元年だったとか真のVR元年は2019年だとか、往生際の悪い卑怯で姑息な事を言い出しますが、根本的な原因であるヘッドセットなんか付けてゲームをしたくないを乗り越えられる日は来るのでしょうか?

最後の希望は任天堂!?

VRを普及させる気は甚だなさそうなLABO

f:id:ikebukulog:20190407075623j:plain

遂に任天堂がVRに乗り出しましたが、「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit(ブイアール キット)」を『スーパーマリオ オデッセイ』や『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』に対応してきたのは意外でしたね!

特に一部ステージのマリオに対して、ゼルダはフル対応なので、VRでハイラルの世界を冒険することが可能という素晴らしい仕様です!

これまでVRに対応したゲームを発売というのはあっても、既存のゲームを後から対応させるという手法はファーストならではですし、任天堂らしい気がします。

上手いのは創作という知育要素の強いニンテンドーラボとしてVRを盛り込んできたことで、あくまでもLABOの一環、遊び方の一つであり、それがメインではないとしているので、普及させようと気負う事もないでしょうし、これまでのような押し付けがましく必死に普及させようとするのは逆に冷めるというか、関心が離れていくだけなので、こういう距離感で良いんじゃないでしょうか(笑)

これをもってVRがゲームで再び盛り上がるということは全くないと思いますが、VRLABOがどのような変化をもたらすのかには注目です!