イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

20年ぶりの新紙幣発行でガチャの天井が300連「9渋沢栄一」へ!!

f:id:ikebukulog:20190409160200p:plain

資本主義の父、渋沢栄一が新紙幣「壱万円札」に!

令和時代になり、いよいよ新しい日本の幕開けとなるようです!
政府は2004年以来、20年ぶりの新紙幣発行を2024年に行うと発表!!

壱万円札には資本主義の父「渋沢栄一」五千円札には津田塾大学を設立した「津田梅子」千円札には細菌学者の北里柴三郎という面々に。

弐千円札?知らない子ですね

前回の新紙幣発行では唯一変更されなかった壱万円札の福沢諭吉が変更になるということで、見慣れた諭吉さんにララバイする日が来てしまいました......。

渋沢栄一は、幕末には幕臣として政府を支え、明治維新後には「第一国立銀行(現みずほ銀行)」など約500の企業の設立や運営に関わった資本主義の父と呼ばれる日本経済の立役者。自由主義経済に以降していく中で、欠かせない働きをした偉人として広く知られています。

これでガチャの天井が「9諭吉」から「9渋沢」に......。

え?2024年にはガチャゲーは死滅してるって?

それもまた自由主義経済。

愛着の深い「福沢諭吉」

前回の新紙幣発行で変更されなかったことで、長らく壱万円札の顔として定着している「福沢諭吉」。「諭吉」という言葉が壱万円札を指す代名詞として使われることも多々ありますが、これからはそれが「渋沢」や「栄一」になっていくのでしょうか......。

f:id:ikebukulog:20181225075253p:plain

いまいちスッキリしない(笑)

福沢諭吉に特別感があるのは、かつて福沢諭吉が唱えた「脱亜論」が、今でも日本が取るべき指針として度々注目されるからではないでしょうか?

「我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興すの猶予ある可らず、寧むしろ其伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、亜細亜東方の悪友を謝絶する」というこの論の正しさは、現代の隣国が身を持って証明しているところであり、隣国に日本は関わってはいけないというのは過去から現在に渡るまで一貫しています。

極めて優れた先見性であり、こうして今でも「脱亜論」、「脱亜入欧」という言葉と共に名前が挙がる福沢諭吉は、他の紙幣に描かれいる人物とはまた少し違う偉人ですよね。

令和時代に入り、新紙幣の発行といよいよ日本が新しい時代を迎える感がありますが、新紙幣のフォントは正直ダサいと思う(笑)

10000って数字は縦長にすると不細工というか、バランスが悪いので座りが良くないと思うのですが、もう少し上下幅を狭く出来なかったのでしょうか......。

偽札防止に世界初の新技術も盛り込まれるそうですが、今は見慣れない新紙幣も3年も経てば見慣れるのかな?

その頃には電子マネーが普及してたり......はしないと思う。
そもそも日本が現金社会なのは、現金を持ち歩いていても問題がない治安の良い優れた国であるということなので、そういう国柄である以上、治安が劇的に悪くなり現金を持ち歩いていると危ないというような社会にならないとそこまで普及はしないのではと個人的に思っているのですが、はてさて。