イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋パルコで「令和」最初のガンプラ箱絵師「開田裕治」展を開催!!

f:id:ikebukulog:20190430154813j:plain

ガンプラの思い出が蘇る「機動戦士ガンダムギャラリー」

ガンダム+プラモデルを掛け合わせたガンプラ。
そんなガンプラの箱に描かれるイラストを黎明期から描き続けてきたガンプラ絵師「開田裕治」氏「機動戦士ガンダムギャラリー」が池袋パルコ 本館7階にて5/17~6/3までの間、開催決定!!

令和最初の「機動戦士ガンダムギャラリー」ということで楽しみです!
個人的にもガンプラは幾つか作ったことがあるのですが、この方があのパッケージイラストを描かれていたんですね!

これまで誰が描いてるのか気にしたことはありませんでしたが、改めてこうして言われてみると、黎明期から描き続けてきたということで、とても素晴らしいまさに職人というべき仕事です。

展示では『機動戦士ガンダム』から『新機動戦記ガンダムW』までのアナログ原画、『∀ガンダム』までのデジタル原画が迫力の展示で会場を埋めつくすとのことです!

自分で作った中で特に印象的だったガンプラは、『機動戦士ガンダム0083STARDUST MEMORY』に登場する敵役の「アナベル・ガトー」が乗る機体「GP02」(ガンダム試作2号機)なのですが、そのイラストもあるのかな?

ガンプラだけではない多彩な活躍!

ガンプラだけではなく、あの名作アクションゲーム『大魔界村』のパッケージイラストやコアなファンを抱えるカードを使ったボードゲーム『カルドセプト』のカードイラスト、『モンスター・コレクションTCG』のカードイラストなども手掛けられています!

どれも昔遊んだことがあるゲームばかりです!
『大魔界村』は幼少期にあの高い難易度でめちゃめちゃ苦しめられた記憶があるので印象深いゲームですが、こうしてみると多彩なご活躍をされています。

展覧会では、「機動戦士ガンダムギャラリー」の開催を記念したグッズや関連商品、ガンプラ、複製原画などが販売予定だそうです!

ガンプラの絵が展示されて、そこでガンプラが販売しているというのは、これはもう買って帰らない選択はありえませんが、展示の詳細やグッズ情報などは、今後5月9日(木)頃に公開予定となっているそうなので、楽しみに待ちましょう!

【会期】
2019年5月17日(金)~6月3日(月) 10:00~21:00

※会期中無休 ※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで

【入場料】
一般:500円(ノベルティ付)、学生:400円(ノベルティ付)、小学生以下無料

<PARCOカード・クラスS>会員は入場無料、<PARCOカード>会員は入場料半額
※ご本人に限ります。他割引サービスとの併用不可。

【会場】
PARCO MUSEUM(池袋PARCO 本館7F)

(東京都豊島区南池袋1-28-2)