イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

気持ちは分かる!だが、「夢見りあむ」へのお気持ち表明は逆効果だ!

f:id:ikebukulog:20190207194236j:plain
f:id:ikebukulog:20190207194233j:plain

管理人、というお気持ち表明をしてしまう

やべぇよ炎上しちまうよ......。
これ匿名ダイアリーじゃないしさ。

こういうセンシティブな話題は本来あまり触れない方が良いと思うのですが、「お気持ち表明」には何故かむしょうに読んだ人間を語りたくさせる魔力があると思う(笑)

ということで、局所で話題になっている「お気持ち表明」。
何のことか分からないという方は「夢見りあむ」+「お気持ち表明」とかでググッて頂くと把握出来ると思うのですが、引用で張ってしまうのはちょっと気が引けるので止めておきます。

「夢見りあむ」とは、新たにシンデレラガールズに追加された7名の新アイドルの1人で、登場して以来話題の中心となっており、炎上系クソ雑魚メンタルアイドルとして、広く人気を集めています。

ikebukulog.hatenablog.jp

簡単に言えば、登場してから僅か3ヶ月程の「夢見りあむ」が第8回シンデレラガール総選挙において、中間発表3位にランクインし、CGを狙える圏内にいること、そして恐らくその順位であればボイスの獲得がほぼ確定してしまったこと、その結果に対して、それはどうなんだ? 許せない! というお気持ちの表明なのですが、そこには抑え切れない怨嗟が込められており話題となっています。

気持ちは分かる!

しかしそれはりあむへの追い風ランニングなんだよ!

言わんとしていることは分からなくもないのですが......。

しかしなんとも「ガチ」なのか「ネタ」なのか難しい。
というのも、結果として「お気持ち表明」は、「夢見りあむ」への投票に繋がってしまっているので、本来その文章の中での主張、思惑とは反対の方向に触れてしまっています。

そこで、改めて今昔『シンデレラガールズ』話。

信号機幻想、ニュージェネは最初からニュージェネではなかった?

「夢見りあむ」には物語がないとか、他のアイドルを差し置いてとか、色々とお気持ち表明の中で支持するわけにはいかない理由というのが語られたりしているのですが、それもこれも総選挙が第8回を数えるようになり、8年目というコンテンツの継続期間の長さが、意味合いを重たくしているというのが過分にあるように思われます。

第1回シンデレラガール総選挙は、2012年7月に実施されたのですが、コンテンツが始まったのは2011年11月26日なので、約半年程で第1回目の総選挙が開催となりました。

その第1回でシンデレラガールに輝いたのは「十時愛梨」。
そしてこのとき投票対象だったアイドルは145名でした。

第1回目の総選挙ではまだ38名ものアイドルが未登場だったんですね!
2011年11月26日の稼働日から所属していた本当の初期組アイドルは84名。
2011年11月~2012年7月までの間に61名のアイドルが追加されました。

改めて考えると凄まじいペースです!
が、そうした状況からも分かる通り、第1回目の総選挙では、「アイドルが物語を持っていること」が投票の際に重視されるようなことはなく、というよりもその時点で殆どのアイドルは詳細な背景を描かれていなかったので、重視しようがなく、あくまでもお祭り的な、気楽な人気投票イベントとして行われていました。

といっても、既にこの第1回目の総選挙の時点でマネーゲームが始まっており、「モバマス廃人」などという書籍が後に発売してしまうほど暗黒魔境と化していました。今のように天井などもなく企業はモラル崩壊の世紀末真っ只中、ソシャゲ界隈は札束バトルが横行していたのです。

第2回シンデレラガール総選挙では今回の事で良く引き合いに出されるアナスタシアが、初登場から約4ヶ月で中間1位となります。結果は「神崎蘭子」1位、「アナスタシア」2位。

アナスタシアはこの時点でまだ声帯未実装であり、総選挙でランクインしたことによって、総選挙楽曲の始まりとなる「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!」による『輝く世界の魔法』の担当アイドルに選ばれ、CV(上坂すみれさん)が付くことになりました。

選挙で上位に入れば楽曲を歌うことになり、ボイスが付くという現在のフォーマットの雛形は第2回の時点で出来上がりました。

この時点で総勢165名。
まだ183名は揃っていません。

第2回のCGに輝いた蘭子はこれで5枚目のSRとなり、圧倒的人気とそしてアイドル間に避けがたい格差が生まれつつあったのもこの時期です。

シンデレラというコンテンツは決して横並びではなかったのですが、それは看板であり顔とも言えるニュージェネレーションにも言えます。

今でこそNGの3人はコンテンツを初期から支え続けてきた3人というような存在になっていますが、2012年1月13日にNG「渋谷凛」が登場した後、NG「島村卯月」が5月30日、NG「本田未央」が登場するのはなんと11月30日と10ヶ月も空いています。

これだけ期間が開いているのはソロ曲の発売タイミングによるものですが、この当時はソロ曲が5枚同時に発表され第○弾という形で順次発売されており、卯月が第2弾(6~10)、未央が第3弾(11~15)で発売されました。

デレステでニュージェネ曲の並び順を見るとニュージェネの曲が最初に発売したものと勘違いしそうになりますが、発売順が最も早くシンデレラマスター01を冠するのは渋谷凛です。

そんなわけで、ニュージェネレーションが本格的に信号機カラーのメインユニットとして推され始めたのは2013年に入ってからであり、4月に発売となった表題曲「お願い!シンデレラ」くらいのタイミングなので、ニュージェネは最初からニュージェネとして推されていたわけではありません。(最初から決まってはいましたが)

これはシンデレラ初のラジオ(デレラジ)のパーソナリティが、凛、卯月、美嘉であることからも分かります。ラジオで信号機が揃わないという構図は、この後ミリオンでも、未来、静香、星梨花となり、翼が入らず継承されていくのですが、もともと765自体に信号機という概念は特になく、春香、千早がコンビで美希が後発という構図だったので、それが元になっています。

シャニマスでやっと信号機という概念がキチンと成立しました。
イルミネは分かり易い。

そうした経緯もあり、更に第1回、第2回共に総選挙では圏外だった未央はこの当時から不遇と言われていたのですが、だからこそ人気を獲得していき、第3回以降は常連となっていきます。

特に人気を決定付けたのはアニメでの不遇な扱いによるところが大きいと思われますが、話を戻すと、ああいったネガティブな要素は結果的にそのアイドルを後押しすることになるので、お気持ち表明によるアイドルを下げる行為もまた、逆に人気を後推することに直結してしまい、やればやるだけ逆効果です。

逆に最初から声付き、ユニット、専用楽曲という破格の待遇で実装された4名の方が、あまり話題になっておらず、総選挙ではパッションのなーちゃんがギリギリ圏内にランクインしていましたが、キュートの2名は厳しそうです。

他のアイドルを差し置いてというのも、こうした過去の選挙結果を見てみると、あまり意味を成さない主張であることが分かります。昔から格差が激しく、さしおかれていたのがシンデレラガールズ。各アイドルのSRの数が物語っています。

もう少し詳しく見ていくと、打ち止めとなる183人目のアイドルが追加されたのは2014年9月19日の「桐生つかさ」です。

「辻野あかり」が登場するまで社長が最後の追加アイドルだったのですが、実は180人目以降は、180人目「佐藤心」、181人目「乙倉悠貴」、182人目「依田芳乃」と、社長を除き既にボイスが付いているアイドルばかりです。

第7回CG総選挙で全体6位(Cu2位)の大躍進を果たした「一ノ瀬志希」は178番目に追加されたアイドルであり、176番目は「二宮飛鳥」です。

その一方で、2011年11月28日の最初に登場した84名の中、約半数となる46名が今でもボイスが付いていません。

そういう意味では先行しているからといって全く有利ではなく、むしろ後から登場した後発アイドルの方がむちゃくちゃ有利なのがシンデレラガールズ。

だからといって、しゅがはが憎いとか、よしのんが許せん! みたいな今回のようなお気持ち表明騒動は起こっていないので、その辺りのことはもう忘れられている感じですかね(笑)

アニメの前後、デレステの前後で層も大きく変化しているでしょうし、旧モバ勢以外だとシンデレラに触れた時点で183名揃っていたという人が多いと思われるので、それ以前のことはあまり触れる必要もないのですが、こうした騒動が起こるとどうしても過去はどうだったのかということが注目されます。

中々難しいところではありますが、個人的にも初期の頃のように、あくまでも公式による人気投票の一環という感じで、担当がどうこうということもでもなく、気軽に好きなアイドルに投票するくらい緩さがあっても良いかなとは思うんですよね。

勿論、担当に全力とかガチなのも良いんですけど、そういう人ばかりが遊んでいるわけでもありませんし、そうした温度差がこういった問題を生んでいるので、そこは寛容であるべきですよね。そして自分が正しいと思う正義を他人に押し付けないというのは重々自覚が必要ではないでしょうか。

コナンの『ゼロの執行人』という作品は、コナンの「一つの真実」と、安室さんの「正義は一つじゃない」の対立がテーマでした。

今回であれば「夢見りあむ」が中間で3位であるという真実、事実に対して、それをどう思うか人それぞれで正義は一つじゃないので、そこで争ってもしょうがない。

気持ちは分かる!だが、「夢見りあむ」へのお気持ち表明は逆効果だ!