イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【郊外のおもちゃ屋】え、ハローマック復活するの?

f:id:ikebukulog:20190511073037p:plain

「東京おもちゃショー2019」に出展

マックライオン生きていたのか!?

衝撃のニュースです。
6/13~6/16に東京ビッグサイトで開催予定の「東京おもちゃショー2019」にて、90年代当時、郊外に店舗を構えていた大型店、おもちゃ屋「ハローマック」が出展するそうです!

全国で東京靴流通センター、シュープラザ、靴チヨダなど、1048店舗を展開する株式会社チヨダ(東京都杉並区 代表取締役社長 澤木 祥二)は、子供たちが楽しく遊べる靴や安心・安全な靴をご紹介する場として、6月13日~16日に東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー」に「ハローマック」ブランドで初出展いたします。
東京おもちゃショーは、日本玩具協会が主催する日本最大規模の玩具見本市で、大人から子供まで楽しめる祭典です。当社は、子供向けにお薦めする機能性シューズなどをご紹介し、一般公開(パブリックデー)では優先販売させて頂きます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000106.000013170.html

f:id:ikebukulog:20190511073609p:plain
f:id:ikebukulog:20190511073615p:plain

何を展示するのかと思いきや、おもちゃではなく「靴」!
今回はあくまで「ハローマック」ブランドでの出展ということで、店舗が復活という話ではないようです。巨大資本の米国企業トイザラスが倒産するくらいので、おもちゃ屋業界は何かと厳しいと思われますが、また国道沿いでハローマックをみたいですね!

というか、ハローマックが撤退したのは2008年だそうなので、余程近くにトイザラスでもあれば別ですが、この10年くらい子供達にとっては「おもちゃ屋」という存在自体に馴染みがないのではないでしょうか?

地方都市あるある

地方における郊外の光景というのは大抵決まっており、ショッピングセンター/ショッピングモール、家電量販店、パチ屋、ドラッグストアが一定間隔が並んでいます。

東京靴流通センターやハローマックも当時はその中の光景の一つという感じでした。最近だとドラッグストアがとにかく増えているような気がしますね。一般的に都市部のドラッグストアとは全く違っており、半分スーパーになっているのが特徴で、食料品から本、ちょっとした寝具に至るまで有り余るフロア面積を使って必要なものは何でも取り扱っているのが地方のドラッグストアです(笑)

ハローマックのようなおもちゃ屋が潰れて、そうした生活必需品を取り扱う店舗ばかりが増えるということは、街としては衰退していくのは当然の帰結です。

しかし個人的に「街のおもちゃ屋」が潰れた背景には、「おもちゃ」という娯楽が「ゲーム」に置き換えられたことも大きな影響があったのではないかと思います。

ファミリーコンピューターの登場により、子供の娯楽は「ゲーム」になり、「おもちゃ」は廃れていきました。勿論ハローマックさんでもゲームを取り扱っていましたが、「街のゲーム屋」が増えていくのに対して、「街のおもちゃ屋」がどんどん減っていったのが90年代ではないでしょうか?

その「街のゲーム屋」も、小売り潰しに余念のない某社の熱心な営業努力によってどんどん潰れていき、大手家電量販店などがメインのゲーム販売店になっていきます。

そうして駅を中心とした街の中からエンタメが消滅し、商店街からは子供達が消え、車社会なので人がどんどん郊外へ流れるという循環に陥るドーナツ化現象が起こっています。

実際、車社会の地方の場合、コンビニに行くのも車を使うとかになってくるので、街の中に人が歩いていないという光景がデフォだったりします。当然そうなると活気というものが存在しないので、静寂に包まれたデッドシティ化していきますね。

ゲームセンターも、1プレイのプレイ料金が上がりすぎて子供に優しくない施設になっていますし、そう考えるとどうしても子供達っていうのは、遊ぶ場や遊び方が限られてきます。

良く何も考えずに「子供は外で遊べばいい」という大人もいますが、いざ公園に行って遊ぼうと思うと、ボールを使ってはいけないとか、遊具は危ないから撤去しましたとか、近所迷惑だから騒いではいけないとか、これでもかと子供を満足に遊ばせない仕様になっていることも多く、なんだかなぁと思うことが多々あります。

「おもちゃ屋」の復権は難しいと思いますが、それでもハローマックさんとかがあったりすると、子供達はワクワク出来て良いと思うんですけど、結局そういうことが街から活気を奪っているような気がしてならない。

話が逸れましたが、ハローマックさんが出展するのは靴。

展示・販売商品としては、①人気ブランド「FILA(フィラ)」の当社限定モデル。②暗い道でもピカッ!ピカッ!光って安心・安全な「GXR(ジーエックスアール)」「CHARMY CANDY(チャーミーキャンディー)」のスポーツシューズ。③靴紐がうまく結べないお子様にも結ばず瞬間装着できる「ダイヤルドライブ」「キャタピースマート」の当社限定モデル。④海外でも有名な「SKECHERS(スケッチャーズ)」の光る靴や靴底にローラーの付いた歩きながら滑れる「HEELYS(ヒーリーズ)」をデモンストレーションも加えて、ご紹介させていただきます。

光る靴とか、ローラーが付いた靴とかですね。
ローラーが付いた靴は大人用もあるなら欲しい......。

確かに昔からおもちゃ屋さんには靴が売られていました。
中にはスケートとかもありましたが、昔『カードキャプターさくら』を見てローラーブレードで登校した人も多いんじゃないでしょうか(笑)

なんともロマンを感じるハローマックの復活。
これは「東京おもちゃショー2019」に行くしかないな......。