イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【園子の男】コナン、『紺青の拳』GW10連休で興行収入75億円突破www

f:id:ikebukulog:20190303075013j:plain

GWの10連休効果でえぐい事になってしまう......

f:id:ikebukulog:20170127175550j:plain

ファンタ吹いたw

見間違いかと思って確認したけど見間違いじゃなかった!
4/12から公開の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』ですが、ゴールデンウィーク10連休明けの5/7の時点で興行収入が、

75億!

なんじゃそら......。
ここまで来るとちょっと引くよね。僅か2週で興行収入35億円を突破し、ブルゾンちえみとか言ってはしゃいでたのが馬鹿みたいじゃん!

ikebukulog.hatenablog.jp

そりゃあ日本以外の海外では1位の世界的大ヒットになっている『アベンジャーズ/エンドゲーム』をもってしても勝てないはずです。そのアベンジャーズ自体も大ヒットしていて既に興行収入40億円を突破しているので、如何にコナンが伸びているかということですね。

1ヶ月もしないうちにもう興行収入75億円を突破したということは、興行収入91.8億円を達成し、「安室ブーム」と共に過去最高の記録を叩き出した『ゼロの執行人』よりも更に早い異常ペース。

せかやて工藤!

これもう100億円いってまうで!

4週目の時点で『ゼロの執行人』を13億円も上回ってしまう

2週目の週末2日間動員は動員62万人、興収8億2000万円を記録。
累計動員は247万人、興行収入は32億円を突破

3週目は土日2日間で動員45万3000人、興行収入6億1000万円で『アベンジャーズ』を抑えてのトップ独走。累計では5月1日までに動員374万人、興収48億円を突破

4週目もトップで週末2日間で動員41万8000人、興行収入5億5200万円を達成し4週連続の首位。累計動員は479万人、興収は62億円を突破。

5週連続の首位でV5となり1ヶ月間首位をキープ。
土日2日間で動員19万9000人、興行収入2億7700万円となり、累計は動員519万人、興行収入67億円を記録。

 


4/12に公開なので、まだ1ヶ月も経っていません。

GW明けは4週目に該当しますが、前作『ゼロの執行人』は62億円なので、この時点で13億円も上回るハイペース。

既にシリーズ歴代2位の『から紅の恋歌(ラブレター)』68.9億円を抜いています。『ゼロの執行人』を抜くのもほぼ確実かと思われますが、『ゼロの執行人』は10月に4DXの上映が始まり伸びたこともあって、この時点から約30億円を上積みするので、同程度のペースで推移すると考えても、105億円!

105億円!?

これは日本映画の歴代ランキング29位『インデペンデンス・デイ』(106.5億円)に次ぐ記録となり、30位の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(103.2億円)を上回るので、日本映画のTOP30にランクインするという驚異的事態です。

何がアレって、流石に昨年よりは下がるだろうと思っている人が多い中、逆に興行収入が上がり、TOP30に入るような状況になってくると、コナンの場合、毎年劇場版が公開されているので、日本映画の歴代ランキングがコナンだらけになってしまう......。

一般的にだいたい30億円を超えるような映画が登場すると大ヒットという扱いになります。『銀魂』の実写映画も最終39億円で、邦画の実写映画で異例のヒットという感じでした。

30億円に一つの壁があり、*1『ポケモン』などもその近辺ですが、50億円80億円なんていったらもうお祭り騒ぎの社会現象ですよ(笑)

興行収入100億円とかは「そして伝説へ......」みたいな話であって、目指そうと思って目指せるラインではありませんが、コナンが恐ろしいのは、ベースのラインがどんどん上がっており、興行収入100億円というラインが目指そうと思って目指せる数字であることです。

あのジブリでも余程の大ヒットじゃないと超えられないラインです。
それも「宮崎駿最新作!」という看板を背負っての超大作で勝負ですが、コナンは毎年公開でコンスタントに作品を積み重ねる言わば定番の映画枠なわけで、いつの間にかコナンのブランド力がやばいことになっています。

ここまでくると、もうRUMの正体が明らかになってもガッカリなキャラクターだったら許されませんよ(笑)

f:id:ikebukulog:20180413142931j:plain

ワシじゃよ

すら許されないのに!

それにしても今年は特に「京極の女」が盛り上がっているような気がしないのですが、それでもこうした数字が出るということは、なんかもう要因分析があんまり意味をなさないですね。更に一つ追い風があり、池袋では今年の夏に首都圏最大級のシネコン「グランドシネマサンシャイン」が開業しますが、「コナンの聖地」池袋にシネコン誕生で、確実に応援上映とかやると思うので、後半のブーストにも期待出来そう。

これはもう来年の赤井さんは興行収入120億円が目標な!

*1:実写邦画には更に10億円の壁もある