イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【大喜利】「こんなブラック・ジャックはイヤだ展」が池袋虜で開催!!

f:id:ikebukulog:20190520063053j:plain

その言葉が聞きたかった

  • 内科医で外科は専門外
  • 患者にセカンドオピニオンを薦める
  • 私、失敗しないのでが口癖
  • 手術に失敗する

こんなBJは嫌だ大喜利大会......?
ではなく、池袋虜にて「#こんなブラック・ジャックはイヤだ 展」が開催!

株式会社TORICO(本社:東京都千代田区 代表:安藤拓郎)は、『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』の最新3巻と『つのがいイラスト集 Daily Works』の同時発売を記念して、2019年5月17日(金)から5月31日(金)まで、東京池袋の「池袋虜」にて『#こんなブラック・ジャックはイヤだ 展』を開催いたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000005279.html

最新の『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』3巻と『つのがいイラスト集 Daily Works』の発売を記念してのイベントということで、サイン会も開催されるそうです。18日は過ぎているので、次は25日ですね。

池袋虜と言えば、西口に先月4月OPENしたばかりのギャラリー&カフェで、漫画などのそういったカルチャー(文化)を発信していく新たな拠点(ランドマーク)みたいなやつですよね。そういえば行こう行こうと思っていてすっかり忘れてましたが、中々西口はオタク文化拡大の足がかりがないので、アレでしたが徐々に勢力が拡大していくのかな?

「手塚治虫」復活の象徴となった大傑作

『ブラック・ジャック』と言えば、漫画の神様「手塚治虫」先生の代表作......というか、手塚治虫先生の場合、何が代表作かと言われると何でも代表作な気がしますが、無免許医師のブラック・ジャックが患者を救ったり救わなかったりする物語です。

確かこの時期、漫画界は劇画が席巻しており、「手塚治虫は終わった」と言われていて、漫画の潮流が大きく変化していく中で苦しみ抜いた末に生み出しのがこの『ブラック・ジャック』。手塚治虫の復活を知らしめた晩年の大傑作ですね。

個人的にも最も印象深い話は「サンメリーダの梟」。
アニメのOVAで「サンメリーダの子守唄」という挿入歌が流れるのですが、これが頭から離れないメロディラインで未だに良く憶えています(笑)

内戦や民主主義といった今だからこそ改めて問い直したいテーマが根底に流れる名エピソードですが、こうした物語はこの当時だからこそ描けたというか、今の私達には描けないエピソードという気がしますね。

f:id:ikebukulog:20190520070959j:plain
f:id:ikebukulog:20190520071002j:plain

ギャラリー&カフェということで、池袋ではすっかりお馴染みのコラボカフェ的なメニューも揃っています。物販でも色々とオリジナルグッズが用意されているそうなので、要チェックですね!

豊島区には、かつて「トキワ荘」が存在し、手塚治虫先生を筆頭に漫画界の歴史を作ってきたレジェント達が暮らしていました。現在「トキワ荘」復活プロジェクトが始動中ですが、過去に「トキワ荘」が存在していた、その事実こそが豊島区が今「マンガの聖地」を名乗る大義名分になっているので、依然として漫画の神様の影響力というものが現代にまで及んでいるということを考えると、壮大なロマンを感じずにはいられません。

脈絡と通じるこうした文化の連続性こそ、神代から三種の神器を何千年も継承し続けた日本文化の真骨頂というか、「トキワ荘」が復活したら、そのうち本当にそのポジションは神社みたいになるでしょうね(笑)

そうして後世に繋いでいく。
アニメの『花咲くいろは』から始まった、金沢湯涌温泉の「ぼんぼり祭り」も今年で9回目の開催となりますが、アニメ以後もこうして続いてます。

要するにもうあんまりアニメとか関係なく一つのお祭りとして受け入れられつつあって、これが10年20年と続いていったら、アニメが発祥という事実は大した意味を持たなくなり、一つの伝統行事としてずっと続いてきますよ。そしてそれがアニメから始まったことを知る人達は減っていき、老人になったとき思い出話として語り継がれる歴史になっていく。壮大ですね!

豊島区はトキワ荘も良いんですけど、いっそのこと漫画神社を建立しよう!
漫画やアニメ、ゲームでも良いんですけど、コンテンツとクリエイターを祭る神社とかがあっても良いじゃないですか!

ご利益として漫画が上手くなるお守りを発売したり、バグ退散の破魔矢とか、痛絵馬とかも幾らあっても漫画神社なら何の問題にもなりません。夢のある話です。

話がだいぶ脱線しています(笑)
「こんなブラック・ジャックはイヤだ展」は今月いっぱい開催とのことなので、この機会にBJ大喜利に参加してきましょう!(違う)

▼イベントURL
https://www.manga10.com/schedule/519/
▼開催日時
2019年5月17日(金) ~ 5月31日(金)
OPEN 11:00 / CLOSE 18:30
※5月18日(土)・5月25日(土)はイベント開催のため、イベントチケット購入者のみ入場可能で事前入場登録はお受けしません。
▼会場アクセス
池袋虜
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-9 B1F  (池袋駅1a出口から徒歩1分)
▼入場料
入場料500円 / ドリンク1オーダー引き換え券付き
期間中の入場は、事前入場登録ならびにメールチケット提示(印刷可)が必要となります。