イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

アイマスさん、ニコニコ有料生放送で5番組全て1億円を超えてしまうw

f:id:ikebukulog:20190529035559j:plain

全チャンネル確認!

ドワンゴさんが発表した月額会員数上位100チャンネルによると、アイマス関連のラジオ番組は5チャンネル全てがランクイン!

f:id:ikebukulog:20170903035033p:plain

上位100チャンネルの平均収益額は1億円を超えており、トップ5チャンネルの平均収益額は4億円オーバーだそうです。

2019年3月期に月額会員数が過去最高の30万人増を記録し、ユーザー課金額とともに前年比5倍の成長率となりました。そして、今年2月に月額会員数90万人を突破して以降、3カ月で10万人の新規入会を得て、4月25日時点で100万人に達しました。
https://dwango.co.jp/news/press-release/2019/0528/news-42.html

年間ユーザー課金額は55億円超とのこと!
平均収益額なので、上位100チャンネル全てが1億円以上というわけではありませんが、仮に1億円として考えると、1番組540円として、100000000/540=185185.185185。

だいたい1番組辺り18.5万人の会員数ということですね。
こういったサブスクリプション型のサービスが流行っていますが、上位100チャンネルの中には、結構政治経済を語るチャンネルがランクインしているのも面白い。それもどちらかというと保守論客の番組ばかりです。ということはその反対は......。

アイマスさんはというと5つ全てが入っています!
良かった良かった。世界は平和に包まれたんだね......。

ぬーさんこと沼倉愛美さんがメインパーソナリティを務める越境有りの横断的総合音楽番組「THE IDOLM@STER MUSIC ON THE RADIO」、シンデレラの表「デレラジ☆」、同じくシンデレラの裏「CINDERELLA PARTY!」、ミリオンの「アイドルマスター ミリオンラジオ!」、SideMの「アイドルマスター SideM ラジオ 315プロNight!」の5番組です。

シャニマスの「アイドルマスター シャイニーカラーズ はばたきラジオステーション」はバンダイナムコさんのアソビストア配信なので含まれていません。それとホームランのやつとかそれっぽいのも除外です。

上位100チャンネルを見ると分かりますが、作品単体の番組というのはあまりランクインしていません。尚更『ヒプノシスマイク』の勢いを感じるところですが、なんやかんやでアイマスさんの底堅さを実感するデータとなっていますね!

f:id:ikebukulog:20170903035256p:plain

サブスクリプションの罠

何かとすぐ増えていく有料チャンネル。
悩ましいのはアイマスさんの公式5番組はともかく、なんというか直接関係はないけど、それっぽい番組がやたら増えていくということです(笑)

結構そういうところで色んな話が飛び出したりするので、出来るだけカバーしたいところですが、しかしこれ、別にアイマスに限らず有料チャンネルの増加はもうそろそろ頭打ちになりそうな気がしています。

サブスクリプションと呼ばれる所謂「月額課金」のビジネスモデルを取っていますが、1番組540円として、1ヶ月で540円なら小額ですし全然負担でもなんでもないと思っても、これが10番組も20番組もカバーしようとなると、そうも言ってられません。

会員数も100万人と言えば多く聞こえますが、逆に言えば100万人しかいないので、単純に考えれば有料番組が増えるほど厳しくなってきます。

これってガラケー時代は携帯代が月3000円で収まっていたのが、スマホ時代になり月1万円になると、他の消費に回る支出が7000円減るということなので、全体で見れば消費の落ち込みに繋がるみたいな話ですよね。それもあって負担額が増えすぎということで菅官房長官が大手キャリア3社に安くしろと圧力を掛けていたりしますが、このまま際限なく有料チャンネルが増えていくということにはならないんじゃないでしょうか。

そもそもアイマスだけで独立して5番組もあるのが問題のようにも思うのですが、せめてまとめて欲しい(笑)

日本コロムビアさん、ランティスさんなどで分かれているのでしょうがない部分もありますが、流石にこれ以上増えないと思うので、しばらくはこの5番組で進んでいくのかな?

このサブスクリプションモデルも、もう少し整備されて、例えば10番組で月額1000円、20番組だと月額1800円とかで自由に番組を選べて、それを好きな順番で自由にテレビなどでも見れるとか、そういう仕様にならないかなーと思っているのですが、そうした環境整備が整うまでにはまだまだ時間が掛かりそう。

こういう見たい番組に対してお金を払って見るという価値観が当たり前になってくると、地上波のポジションというのもますますアレになってきますが、嘘だらけの「若者の○○離れ」シリーズの中で、「若者のテレビ離れ」だけは真実ということになりかねない(笑)