イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【朗報】乙女ゲームのユーザー数は全世界で9000万人存在する!※ソース有り

f:id:ikebukulog:20190530195418p:plain

全世界9000万DL突破のタイトルが日本に襲来!

f:id:ikebukulog:20190316071918g:plain

あの『ミラクルニキ』で有名な蘇州疊紙网絡科技有限公司が手掛ける女性向け恋愛シュミレーションゲームアプリ『恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~』が日本でも登場!

日本での配信はPaper games(ニキ株式会社)が担当し、事前登録がスタートしています。現在事前登録12万人を突破!!

とんでもないのは紹介文です。

累計9000万ダウンロード突破のアプリがついに日本上陸!

9000万DL!?

誤字かと思ったら誤字じゃなかった

目を疑うとはまさにこのこと。
最初みたとき900万DLかと思って、それでも凄い数字ですけど、流石に誤字だろうと思ったらそうではないというこの衝撃。

あの『ポケモンGO』ですら、全世界8.5億DLですからね。
日本の国産アプリゲームで1億DLを達成したアプリはないのでは?

乙女ゲームで9000万DLは流石に盛りすぎではと思うのですが、本当だったら夢のある話です。これだけ莫大なインストールベースがあればガチャなんて実装しなくても小額のアイテム課金だけで成り立ちます。9000万人が毎月100円だけ使ったら月商90億。十分でしょう(笑)

そんな凄い黒船アプリゲームが日本に襲来したわけですが、公式Twitterのフォロワー数は4万人なので、日本では中々厳しいかもしれませんね。

乙女ゲームが9000万DLというのは、中国市場は巨大さを表していますが、『ポケモンクエスト』は配信出来ても『ポケモンGO』は配信出来ない中国市場。仮に配信可能になればすぐにでも全世界12億DLは超えると思いますが、市場が開放されていないというのは結局こういうことなんですよね。

日本の乙女ゲームが中国でも自由に配信出来る、或いは自由に販売出来るとなったら企業にとっては大きな収益源になります。手間としてはローカライズするだけですし。しかし実際はあちら側は一方的に輸出出来て、こちら側は輸出に制限が掛けられているわけで、貿易の不均衡というのはこのことです。

乙女ゲームの潜在的ユーザーが9000万と考えたら、これは狙っていくべき市場ではあるのですが、改革開放が進まないとどうにもならないのがなぁ......。

やはり同じ価値観を共有するインド市場を狙っていくべきなのか!?