イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

文革、天安門、香港デモ。東アジア文化都市とか言うてる場合か?

 

f:id:ikebukulog:20190613045739p:plain

天安門から30年、黄金熊は毛沢東の夢を見るか

大変なことになっていますね!
勿論、香港デモのことです。

30周年を迎えて、否が応にも天安門事件に再度注目が集まり中国共産党がピリピリしているこの時期に発生した香港での大規模デモ。

この香港デモを再び“なかったこと”にして闇に葬り、黒歴史として封印することが出来るのでしょうか?

香港の人口は2017年の時点で739.2万人だそうです。
今回のデモでは103万人以上が参加していると報道されていますが、額面通り受け取ると人口の7人に1人がデモ参加者ということに。子供は危険なので参加していないと思いますが、そうなると大人は殆どがデモに参加していることになります。

既にデモ参加者に対して発砲が行われたり、戦車が投入なんて話も聞きますが、香港では2018年に港珠澳大橋という中国大陸と香港を結ぶ橋が開通し、それにより中国から兵力が送り込まれ香港の自治権が脅かされるのではと不安視されていましたが、まさか1年もしないうちに懸念が現実となるとは......。

何故こうしたデモが香港で発生したかというと、香港で拘束した容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案に対しての反対として大規模なデモが起こっているようです。

この改正案が通ってしまえば、香港にいる中国共産党にとって都合の悪い人物、気に入らない人物を幾らでも拘束して本国へ引き渡せるようになります。それは香港の自治権の侵害であり、当然本国に引き渡された人物は消されて臓器売買される運命。後はもう人体の不思議展行きになって終了というげに恐ろしき中国共産党。

イギリス領だった香港が中国に返還されたのが1997年。
わずか22年前のことであり、つい最近です!

特別行政区として返還から50年間(2047年まで)は、一国二制度として社会主義政策を実施しないという契約で返還されましたが、約束など端から守る気がないのが中国。

それもあって最近ではイギリスが「ふざけんな( ゚Д゚)ゴルァ!!」と再び東アジアまで出張してきている次第ですが、他人事ではない台湾でも、これを機に独立機運が高まりそうな情勢となりつつあります。

上記のツイートは香港デモの中、掲げられていた横断幕だそうですが、まさに「俺の屍を越えてゆけ」がリアルに展開される修羅場となっている香港。

台湾へのメッセージには中国共産党へ迎合しないという自治に対する気風と、台湾への強いメッセージ、覚悟が見えてきますが、アメリカが台湾を国家と認めたりと、この1年で中国を巡る情勢は中国共産党の体制を揺るがすような大きなうねりになろうとしています。

そんな中、豊島区では今年1年間「東アジア文化都市2019豊島」を開催中。
中国は西安市、韓国は仁川広域市と、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベントを開催し、文化交流を深めていこうとしています。

キャッチフレーズは「はらはら、どきどき、文化がいっぱい。」
別の意味ではらはらしてきますが、文化大革命を実行した国と文化交流......。

東アジア文化都市とか言うてる場合か!?

見てみぬフリして友好関係

豊島区は5月28日に、アメリカ合衆国に対して、臨海核実験に対する厳重抗議というメッセージを発していますが、「非核都市宣言」を行っているからとはいえ、誰かが犠牲になっているわけではない核実験に抗議する一方、いま現在ウイグルやチベットで犠牲になり続けている人が大勢いる中、そちらに対しては何も言わないというのは、うーん......。

[区長メッセージ]アメリカ合衆国の核実験に対しトランプ大統領へ厳重に抗議(令和元年5月28日)|豊島区公式ホームページ

そもそも歴史で言えば、サンシャインシティは巣鴨プリズン(巣鴨拘置所)跡地に建設され、かつてGHQの下、東京裁判により東條英機ら7名が処刑された場所であることを考えると、伝統的に反米気質があるのかもしれませんね。その辺は世代によるところが大きいのかもしれませんが。

ikebukulog.hatenablog.jp

他方、中国がアレとしてもう一方の韓国はというと、レーダー照射など一連の反日行為を今に至るまで現在進行形で続けています。

東アジア文化都市に選ばれた韓国の仁川市も、日帝残滓だから旧三菱社宅も清算せよだの「学校内親日残滓清算運動」で親日校歌清算と中学高校の校歌を変更したりとやりたい放題。

よりにもよってこの2カ国と文化交流!

これは毎回言っているのですが、個人的には東アジア文化都市が盛り上がって欲しいと思っていますし、基本的には応援している賛成の立場です。

しかし、開催前はもっと盛り上がると思っていたのですが、思ったより全然盛り上がらないし話題にならないのを見ると、やっぱり客観的に見たときに、こういう情勢にあって、この3カ国で文化交流していきましょうということに対して、多くの人が無理があると感じているというか、抵抗感を持っているというか、そういう部分があるのではと懸念しています。

3カ国で文化交流と言うなら、それこそ台湾とパラオとか、トルコとインドとか、イギリスとアメリカとでも良いわけですし、何故この3カ国......?

このタイミングで「アイリスオーヤマ」が「政治と経済は別」と言って、韓国へ進出していますが、文政権の徴用工問題における日本企業への賠償請求や、アメリカが中国に対して関税やファーウェイ制裁で戦争を仕掛けているのを見ても、「政治と経済は別じゃない」ということが改めて示されているだけに、ツートラックは破綻した考え方だと思わざるを得ません。

  • 50日以上連続で日本の領土である尖閣諸島に軍艦を派遣して侵略行為をしているけど、それは棚に上げて文化交流しよう
  • レーダー照射するし日帝残滓も清算するし北朝鮮と一緒になって日本を攻撃するけど、それは棚に上げて文化交流しよう

いやいやいやいや。
ってなるじゃん。

フランスではルペンさんが勝ち、イギリスでは次期党首にボリスジョンソンさんが有力視、アメリカでは大統領選でトランプさんが勝利する大波乱の展開。世界的にも綺麗事が通用しなくなってますね。

文化交流は良いことで絶対に正しい!
と言われれば全く否定できない金科玉条ですが、しかし本音の部分ではどうなのよというところが問題です。

ましてや中国の習近平国家主席は、毛沢東さんを尊敬しているそうなので、文化大革命Part2が起こってもおかしくないかもしれません。実際に香港でこうした大規模デモが起こっている中、どのように収束させるのか、体制崩壊の引き金ともなりそうなセンシティブな状況となっています。

天安門でハブられた中国に対して真っ先に制裁緩和をした日本。
因みに東アジア文化都市を言い出したのは日本の文化庁だそうです。
文化庁......文部科学省......教科書問題......前なんとか次官......。

中国と韓国、確かにこの2カ国からは観光客も多く、3000万人を超えた訪日観光客の半分を中韓の2カ国で占めていますが、とはいえその流れも国際状況的にそろそろ終わりるんじゃないでしょうか。在韓米軍もソウルから撤退しましたし、政情不安に陥りそう。

いや、実は東アジア文化都市2019豊島は盛り上がっている!

www.youtube.com

波乱を呼ぶ話題ついでに際どいネタをもう一つ(笑)
「東アジア文化都市2019豊島」のプロモーションアニメが制作されたのですが、昨年11月にフルVerが公開されました。

ikebukulog.hatenablog.jp

この動画ですが、先月5/3に確認したときは再生回数が約12000回だったのに、今見たら約18000回に激増しています。

何があった!?

昨年11月から5月までの半年間で12000回だったのに、そこから1ヶ月で5000回も伸びるとはこれはもうバブルでしょう。

www.youtube.com

じゃあこっちはどうなっているのかと思い、もう一つ制作された「池袋PRアニメ」の方を見てみると、こちらは5/3に確認した時点で約15000回だった再生回数が現在は約16000回と全く自然で妥当な推移です。

やっぱりこれって......。
黒服に消される前にここまでしておきます(手遅れ)