イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

サンシャイン60通りのアメリカン イーグル アウトフィッターズが閉店!!

f:id:ikebukulog:20190619171930p:plain

7年の歴史に幕

国内最大級、2012年に池袋のサンシャイン60通りにOPENしたアメリカのファッションブランド「アメリカン イーグル アウトフィッターズ」が閉店するそうです!

管理人もたまに服を買いに行ったりしていたのですが残念。

f:id:ikebukulog:20190619174722p:plain

池袋店だけではなく表参道も閉店となり旗艦店が消滅。
青山商事による事業譲渡の一環とのこと。

青山商事は、連結子会社のイーグルリテイリングが手掛ける日本のアメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE)事業をアメリカ本国企業のAmerican Eagle Outfitters(以下、AEO)社に譲渡する検討を開始する。6月6日開催の取締役会でAEO社との間で基本合意書締結を決議した。
https://www.fashionsnap.com/article/2019-06-07/aoyamashoji-americaneagle/

池袋に「アメリカン イーグル アウトフィッターズ」が登場した2012年といえば、アニメイト池袋本店が現在の「Hareza池袋」の中央エリアに移転。にわかにエリア再編が進む中でラウンドワンの開業と、そのラウンドワンの同じビルに「アメリカン イーグル アウトフィッターズ」がOPENしました。

にわかにまた再びサンシャイン60通りの再編が始まろうとしている!

どうなる跡地問題?

池袋の「アメリカン イーグル アウトフィッターズ」は旗艦店として国内最大級、フロア面積だと地下1階から地上2階の3フロア構成、総面積は約1,455平方メートルとのことなので、ここに何が入るかでまたサンシャイン60通りの風景に大きな変化が生まれそう。

2014年に向かいにユニクロさんがOPENしたときは「ユニクロ......」とガックリしたものですが、というのもユニクロさんが悪いという意味ではなく、ユニクロさんのような店舗は周辺への波及とか影響っていうのがあまりないので、特に変化が生まれないんですよね(笑)

便利で品揃えも良いので、それはそれで良いんですけどサンシャイン60通りは池袋繁華街の中心的なストリートですからね。勿体無い気持ちがどうしても......。

逆に24時間営業のラウンドワンさんの場合は、ラウンドワンが出来たことで、これまで比較的早かったサンシャイン60通りの夜が長くなったりしました。そういう意味では非常に影響の大きかった店舗と言えるのでしょうか。

今回、そのラウンドワンの地下1階~2階までの3フロアが大きく開くということで、このエリアになにが入るのか注目です。加えて言えば、グランドシネマサンシャインの開業で、現在のシネマサンシャインは閉店となることから、あそこに新しく何が出来るのか、この2つの動向は、今後のサンシャイン60通りの方向性を決定付けるものとなりそうです!

「アメリカン イーグル アウトフィッターズ」、「ラウンドワン」が開業した2012年と言えば、アニメイト池袋本店の移転、そしてサンシャインシティではジャンプ作品のテーマパーク「J-WORLD」が発表されるなど、現在までの池袋の構図を作ってきたエポックメイキングな出来事が数多く集中していた転換点と言える年でした。

そしてこの2019年は、「グランドシネマサンシャイン」開業、「Hareza池袋」開業、「J-WORLD」跡地に「MAZARIA(マザリア)」誕生、東急ハンズさんが大リニューアル、そしてここにきて「アメリカン イーグル アウトフィッターズ」閉店。

2012年以降に構築されてきた池袋の構図が、再びスクラップ&ビルドで塗り替えられようとしている2019年の池袋。

これから新秩序が始まる!