イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

女性向けカルチャーを世界に発信するVtuber「アイムソラ」本日デビュー!!

f:id:ikebukulog:20190620051910p:plain

サイバードが送り出すバーチャルYouTuber「アイムソラ」がデビュー!

女性向けスマホアプリ恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」などでお馴染みのサイバードさんより、本日6月20日に女性向けコンテンツやカルチャーを世界に伝えるバーチャルYoutuber「アイムソラ」がデビューするそうです!

www.youtube.com

f:id:ikebukulog:20190620052244p:plain

株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO 本島 匡)は、「日本×世界」日本の女性向けコンテンツの楽しさやオタクニュース、サブカルチャー、はたまた海外で流行っているそれらの情報を、世界に発信するプロジェクト「I’m Sora Project」の発足と、それを伝えるべく誕生したバーチャルYouTuber『アイムソラ』が6月20日(木)にデビューする事を発表しました。
https://www.cybird.co.jp/news/2019061901/

女性向けの市場を拡大、情報を世界に発信していこうというコンセプトのようですが、こういったことを担うのがVtuberというのが時代を感じますね!

池袋では今年11月に先行開業する「Hareza池袋」新ホール棟内に、ボーカロイドやバーチャルYoutuberのライブを可能にするポニーキャニオンさん運営の未来型ライブ劇場 “harevutai”もOPENしますし、HUMAXシネマズでは映画専門Vtuber「夜子・バーバンク」がアンバサダーを務めるなど、急速に「バーチャルYoutuber」或いは「Vtuner」の聖地としての環境が整備されつつあります。

オトメイトビルでは、会いにいけるVtuberプロジェクト『Café and Bar Dante's Peak(カフェアンドバー ダンテズ・ピーク)』が開催中。

「女性向け」「バーチャルYoutuber」
今現在、池袋と親和性の高いこの2つのキーワードを兼ね備えていることを考えれば、確実に「アイムソラ」も池袋で何らかの展開がありそうです!

コンテンツの「グローバル化」がもたらすのは神か悪魔か......

■『I’m Sora Project』とは
「We are all under the same sky.」
「好きなものが共通している人は、住む国が違えど同じ空の下で、皆同じように楽しんでいる」――
これまでの海外事業展開の経験を通じて感じた事。しかしながら海外では、女性向けコンテンツ/恋愛ゲームの市場は日本と比べて非常に小さいのが現状です。そんな状況を打破するべく、もっと日本の女性向けコンテンツの楽しさを伝えたい、みんなが同じソラ(空)のもと、友達のように好きなものを一緒に共有できる場所を作りたい!という想いから誕生したプロジェクトです。

「アイムソラ」機械的直訳をすると「私はソラです」。
まるで「私はエルです」と言わんばかりの『デスノート』な響きが清々しいですが、今日6月20日と言えば、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で『妖怪ウォッチ4』の発売日なんですけど、そのサブタイトルが「ぼくらは同じ空を見上げている」。

そして本日デビューの「アイムソラ」のコンセプトが「好きなものが共通している人は、住む国が違えど同じ空の下で、皆同じように楽しんでいる」。

この奇妙な符号の一致は果たして偶然なのか......?

というミステリーハンター的な考察はさておき、バーチャルYoutuberの「アイムソラ」が女性向けコンテンツやカルチャーを世界に発信していく、また同様に日本に向けても発信しているというこのプロジェクト、面白いんじゃないでしょうか!

海外の女性向けコンテンツの市場は小さいとのことですが、その一方で中国の女性向けアプリゲームが9000万ダウンロードとか言うのを聞くと、ぶったまげますね(笑)

他にも『恋与制作人』といった女性向け恋愛ゲームも大ヒットしています。

ikebukulog.hatenablog.jp

海外に眠っている女性向けの需要を喚起させるというのは全く正しい方向だと思います。しかし気になることが一点。

例えば上記の中国の例だと、これが乙女ゲームだから中国で配信出来ていますが、BLゲームだったら配信許可が降りませんよ!

それどころか当局から警察がやってきて逮捕でしょう。ボーイズラブの作者が懲役10年の判決を受け、ネット上でBL作品を発表していた女性20名が逮捕されるという恐ろしい国が中国。

じゃあメインターゲットにしているであろう欧米なら問題ないかというと、こっちはこっちでLGBTとポリティカルコネクトレスの本場であり、やれハリウッド映画の登場人物には黒人やゲイを登場させないといけないだの、『美女と野獣』にしてもそうでしたが、価値観の崩壊が起こっており、現に『聖闘士星矢』の騒動を挙げるまでもなく既に創作物に対しての改変、過干渉が始まっています。

ゲームに登場するヒロインが美人ばかりなのはおかしいという声を受けて、わざわざヒロインの造詣が改悪されたり、『BF5』では史実を捏造してまで配慮した結果爆死。

他にも宗教的な価値観も日本より影響が強く、「好きなものが共通している人は、住む国が違えど同じ空の下で、皆同じように楽しんでいる」というコンセプトですが、同じコンテンツが好きでも、実はそこに結構埋めがたい差があったりするのも一つの事実です。

日本の創作物が優れているのは、表現の自由さにあり、平気で『女神転生』みたいな作品を作ることが出来る大らかさにありますが、海外のそういう部分って中々見えてこなかったりするので難しいですよね。

そういった壁をどのように乗り越えていくのか、海外の女性向け需要を喚起出来るのか、なんとも面白いバーチャルYoutuber「アイムソラ」。

今後の活躍に期待です!