イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

『最果てのバベル』セルラン操作目的の課金不正でコロプラ神に逆らう

f:id:ikebukulog:20190621184935j:plain

取引先に不適切な課金850万円を依頼

スマートフォンアプリゲームなどを手掛けるコロプラが、不適切な取引を行ったとして自社発表。恐らく既に情報が外に漏れており、何処かのメディアからスクープ記事が出る前に自社で発表したものと思われます。

f:id:ikebukulog:20190612061959p:plain

f:id:ikebukulog:20190621185633p:plain

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3668/tdnet/1723409/00.pdf

コロプラがリリースしたばかりの新作スマートフォンアプリゲーム『最果てのバベル』。セールスランキングの不正操作を目的として、役職者含む従業員2名が取引先に850万円を支払い課金を実施したとのこと。

こういうの業界団体が制裁して何らかのペナルティを課すとか、或いは総務省が1ヶ月間の業務停止を命じるみたいな措置が出来ないんでしょうか。それやったら即死しますけど。

それにしてもこの件で問題なのは「取引先」は何処なのか?
ということではないでしょうか。

この「取引先」は一見すると課金による不正行為を依頼、強要された被害者かのような書かれ方ですが、恐らくこの「取引先」というのは、セルラン工作などに限らずステマなどの不正行為を仕事にしているネット工作会社なのでは......?

リリースに凄いことが書いてありますが、
過去における同様の取引は確認されておりません

f:id:ikebukulog:20190621185957p:plain

今度はApple(神)を怒らせてしまったか......。
ゲーム業界において怒らせてはいけない存在いわゆるゴッド(神)である任天堂に引き続き、不正を極端に嫌うAppleやGoogleをも敵に回すコロプラさん。

これぞまさに「バベルの塔」!

プロモーション費用として何処もやってるのに!

あのメーカーとかあのメーカーとかやってますよ(笑)
極端なことを言えば、これまでにやってないわけがないですよね。

だって、あれだけ事前登録の水増しや機械的なストアレビューの★5工作などが横行しているのに、セルランの不正操作だけが行われていないと考えるのは、その方が非現実的です。

しかし、最近はかなり厳しくなってきており、以前は事前登録100万人突破! なのにTwitterの公式アカウントのフォロワー数は2万人みたいなことが横行していましたが、最近では事前登録者数の水増しも現実との乖離が大きくなりすぎて目標数字が低めに設定されており、事前登録者数のハードルが3万人、5万人、7万人、10万人といったようなデノミが行われています。

ストアレビューの方もAppleが改善に乗り出しており、恒久的な評価ではなく、最新のものが反映されるなどの仕様変更が行われているのですが、今回明らかになったのはセルラン操作目的の課金不正。

これプロモーション費用として拠出していたメーカーも多いのでは?
やらない理由がありません。

何故かと言えば、現在のアプリゲームの市場環境を考えれば、セルラン上位にランクインするということが大きな意味を持っています。

例えば最近、どん判でお馴染みのイナシップこと元カプコン稲船さんがレベル5からリリースした、6/18配信の『ドラゴン&コロニーズ』というアプリゲームがありますが、多くの人は知りもしないでしょう。

超絶過疎ってるので、これもう3ヶ月でサービス終了コースでしょうね。
配信してたった3日で、もうサービス終了だなと思われて見限られてしまう、サービス終了が見えているゲームに課金しようとは思わないので、ますますユーザーは増えない悪循環に陥っています。

そうした市場環境にある中で、セルランの不正を行いセールスランキングの上位に入れることが出来れば、それだけでユーザーに対して、このゲームは盛り上がっている、このゲームは課金しても大丈夫だという安心感を与えることに繋がります。

ましてやセルラン上位にランクインすればそれだけで話題になりますし、各ゲームメディアも取り上げるので宣伝効果も抜群です。宣伝広告費、プロモーション費用と考えれば850万円など安いものでしょう。

しかし、今、ガチャにしてもそうですが、どんどん締め付けが厳しくなってきているのは、そういうことをこれまで好き勝手やってきたことに対しての反動なので、まだこんなことをやっているという時点でコロプラさんは......。

任天堂から訴えられている特許侵害の裁判でも、『白猫プロジェクト』は特許侵害していないはずなのにどんどん仕様を抵触しないものに変更しており、敗訴が見えている状態です。

業績も急落する中、任天堂に喧嘩を売りフルボッコの返り討ちにされ、今度はAppleとGoogleを敵に回すとはドM体質なんでしょうね。

プラットフォーマーが何故こうしたことに厳しいかと言えば、ユーザーからの信用を失うからです。ストアレビューで工作が横行すれば誰もストアレビューを見ようとしなくなりますし、昔、山内組長がクオリティが低いゲームが幾らあっても一緒と言っていましたが、一緒どころかユーザー離れに繋がるマイナス要因です。

道義的責任を担っている分、厳しく対応せざるを得ないでしょうし、コロプラさんはこれはもう駄目なのでは。ストア出禁とか新規アプリのリリース禁止とかの処置をAppleからされても全然おかしくないと思うのですが......。

『ドラクエGO』の成功如何によっては本当に会社が危うくなりそう。