イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

「enza」赤字拡大。 言ったよね!? 黒字って…なのに、この結果は何!

f:id:ikebukulog:20190623070809j:plain

「BXD」の赤字が10倍の16.7億円に拡大!?

当然の結果です。

BXDは、第2期(2019年3月期)の決算公告をコーポレートサイト上に掲載しており、最終損益は16億7100万円の赤字だったことがわかった。前の期(2018年3月期)の実績である1億6000万円の赤字から赤字幅が大幅に拡大した。
https://gamebiz.jp/?p=241406

アカン、愛依ちゃんが非行に走ってしまう......。
ドリコムさんいわく、2019年1月~2019年3月までの第4四半期に、ようやく黒字化したと決算で言われていたHTML5を使ったブラウザ型の新プラットフォーム「enza」ですが、蓋を開けてみると「BXD」さんの赤字が1.6億円から16.7億円の10倍に拡大!

「enza」と言えば、そのメインとなっているゲームが『アイドルマスター シャイニージャラーズ』。ひらすらストイックにアイドルの育成とオーディションを繰り返すアーケードライクなゲームですが、先行投資期間長いな!

もうどうにもならないのでは!?

甜花ちゃん、「enza」ちゃん、甘奈ちゃん

前期黒字化したとのことでしたが、それは何も「enza」ちゃんの力で黒字化したわけではありません。

iOS/Androidのアプリ版を配信したことで、プレイヤー数が伸び課金額が増加したというのが理由であって、何なら足を引っ張っているのは、わざわざ独自プラットフォームとして開発してややこしやな「enza」ちゃんの方かもしれません。

こうなっちゃうと、別に「enza」というプラットフォームである必要がないので、ますます「enza」経由での課金というのは進まなくなりそうです。

実際、管理人もブラウザ版からアプリ版に切り替えました。
というのも単純に「enza」でプレイしていると、横向き状態での画面の固定が......いちちロックを解除して、タブバーをオフにしてとか面倒でならない。こういう些細なことがストレスとして積み上がっていくので、『シャニマス』に限らずどのゲームでもブラウザ版は厳しい気がします。

アプリ版もアプリ版でやたら動作が重かったりするので快適とはまだまだ言えない部分もありますが、とはいえ、今からブラウザ版に戻るかと言えば、うーん......。

つまるところ、シャニマスの収益性は大きく改善されたのかもしれませんが、「enza」ちゃん自体は変わってないというか、むしろ存在意義が脅かされており、決して黒字化したからいよいよこれから反転攻勢という状況ではありません。

プラットフォーマーを通さないことでの利点もあるっちゃあるのですが、とはいっても、Appleとかが厳しい規制を掛けたりしているのにも、それはそれでちゃんと理由があるわけで、抜け道的な発想でこういうプラットフォームを作ってウハウハっていうのは、やっぱりちょっと無理があるってことなんじゃないでしょうか。

BXD「もういいよ、私、enzaやめる!」

割と、近いうちにこうなりそう......。