イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【東京2020】オリンピック聖火リレーのスタート地点が池袋に決定!!

f:id:ikebukulog:20190626055730j:plain

東京2020オリンピック・パラリンピックが池袋からスタート!

f:id:ikebukulog:20190626055815j:plain

これには藤子不二雄もビックリ!(豊島区でトキワ荘だけに)

とんでもないビッグニュースです!!
豊島区の区長選挙で6選を果たした高野区長による「令和元年 第2回区議会定例会 招集あいさつ・所信表明」によると、なんと来年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック「聖火リレー」のスタート地点が豊島区、池袋に決定したそうです!!

また池袋が始まってしまう(何度目だ)

7月19日に「聖火リレー」が池袋からスタート!
東京都知事のお膝元だけありますね!

また、6月1日には、東京2020大会の聖火リレーを実施する区市町村が公表されたところでありますが、豊島区は、令和2年7月19日の聖火リレーのスタート地点に選ばれました。その日のトップバッターとなる自治体には、地域の特色を活かした「聖火リレーの出発式」を開催することができます。

コースの詳細は、今後、組織委員会での検討となりますが、Hareza池袋や池袋西口公園のグローバルリングなどが整備された、新時代の豊島区の街並みを聖火が走り抜ける、夢のある、胸躍る景色が見られるのです。

区内には競技会場こそありませんが、ホストタウンとして、東京2020大会の機運を醸成しながら、あらゆる機会を捉えて「国際文化都市としま」を世界に発信してまいります。
http://www.city.toshima.lg.jp/001/kuse/034432/shoshu/010619.html#

なんというタイミング……持ってるとしか言いようがない!

2020年7月19日ということは、5月竣工予定、夏開業予定の「Hareza池袋」オフィス棟「Hareza Tower」もお披露目となり、来月開業のグランドシネマサンシャインと合わせて究極完全体「池袋」が誕生するまさに完璧なタイミング。

これは東京オリンピック・パラリンピックで来ますね。

やるぞアニメ出発式!!

この流れで来ないはずがないんだよなぁ……。

大会組織委「聖火リレーの出発式」をやる権利をやろう

f:id:ikebukulog:20190524194353j:plain

この「令和元年 第2回区議会定例会 招集あいさつ・所信表明」は、全文を読んで頂くと豊島区がどういう方向で進もうとしているのか良く分かるのですが、例えば「東アジア文化都市」の項目では以下のように言及されています。

これから、11月24日のクロージングに先立つ1か月の間に、3つの国際的なマンガ・アニメイベントが池袋で集中して開催され、東アジア文化都市は最大の盛り上がりを見せていきます。1つ目がアジアを代表するアニメーション・映像・音楽の国際見本市「TIFFCOM」、2つ目が日本最大級のコスプレイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス」、そして3つ目がアニメやゲームなどの女性向けコンテンツが一堂に会する「アニメイト ガールズ フェスティバル」です。

まさにこの時期が、マンガ・アニメ文化の発信地としての池袋をアジア・世界に発信する、二度とないチャンスです。

時機を逸することなく、マンガ・アニメをレガシーに位置づける施策を重層的に展開することによって、池袋を「アニメの聖地」として世界中に認知させ、池袋の評価を高め、ブランドを確立していくことが、区民の皆さんの地域への愛着を強め、地域の経済を活性化し、そして将来に向けた賑わいを創出することにつながっていくのであります。

施政方針演説の中で、ポニーキャニオンやドワンゴさん、それどころか「池袋ハロウィンコスプレフェス」や「アニメイトガールズフェスティバル」に言及されているのも凄いですが、池袋を「アニメの聖地」として世界中に発信して認知させていくといった骨太の方針を掲げる中にあって、このタイミングで、聖火リレーの出発式を開催する権利を獲得。

聖火リレーでアニメ出発式が実現!?

地域の特色を活かした「聖火リレーの出発式」ですからね。

f:id:ikebukulog:20190626064402p:plain

タンヤオどころの騒ぎじゃない役満ですよw
何が池袋の特色なのか? 池袋は今何をやろうとしているのか?

そこから導き出される解答は一つです!

アニメ出発式!!

まず間違いない。
今年、「アニメ成人式」を開催した豊島区にとってはこの方向で行くのは確実でしょう。それ以外の選択肢は正直考え難いです。

そもそもリオ五輪の閉会式が世界中で話題となりましたが、総理大臣が安倍マリオとかやってしまうのがこの日本という国! 日いづる国JAPAN。

ikebukulog.hatenablog.jp

池袋では、既にビッグカメラ本店と東武百貨店に「東京2020オフィシャルショップ」がOPENしています。

東京オリンピックの公式ライセンスキャラクターとして『ドラゴンボール』や『鉄腕アトム』、『NARUTO』、『セーラームーン』、『クレヨンしんちゃん』、『ONE PIECE』、『妖怪ウォッチ』、『HUGっと!プリキュア』などが既に起用されていますし、大阪万博では誘致PVにポケモンがフル活用されていたのも記憶に新しいのではないでしょうか。

そういったことを考慮すれば、豊島区が池袋で聖火リレーのアニメ出発式を開催することは十分に想定出来る可能性であり、むしろ確信を持ってやるだろうと判断出来る状況にあります。

プロジェクションマッピングで投影された全長20メートルの巨大な初音ミクさんが、出発式で歌ってお見送りするくらいのド派手なことをやったって全くおかしくありません(笑)

ここまで全てが揃うタイミングは半世紀ありませんからね!
前回の東京オリンピックが開催されたのは1964年。

今から55年も前の話であり、管理人も当然ながら生まれる前。
オリンピックに合わせて、戦後復興の象徴として新幹線の建設が進み、日本は急速に経済力を拡大し一気に経済大国の道を驀進していくことになりました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、開催地が東京に決まり、豊島区池袋のアニメや漫画を軸にした再開発の成果が芽吹き始め、かつ東京都知事が豊島区が地元の小池百合子さんであるということも働いたのか、あらゆる要素が噛み合った結果とも言えるまさに千載一遇、半世紀に一度のタイミングです。

何故、豊島区ではオリンピックの競技開催がないのにも関わらず、池袋西口公園でのオリンピック中継など、ここまで東京オリンピック・パラリンピックを重視しているのか疑問な部分もあったのですが、この機会を待っていたのだとすれば、げに恐ろしき深謀遠慮よ……。

過程を省いて結果だけをみると、アニメイトが移転すると池袋でオリンピックの聖火リレーがスタートする。

これがバタフライエフェクトだ!