イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

『最果てのバベル』侘び石配布前にAppleとGoogleにごめんなさいしよ?

f:id:ikebukulog:20190621184935j:plain

ついでに『白猫プロジェクト』も猫駆除される通風性

セールスランキングの不正操作を目的とした、取引先へ850万円の課金依頼を行っていたことが明らかになったコロプラが配信している珠玉のJRPG『最果てのバベル』。

役職者含む従業員2名が勝手にやったとのことですが、会社のお金を上司の許可も得ずにそれも850万円という金額を自由に引き出して工作に使用するというのは、幾らなんでも常識的に考えて無理があります。

会社ぐるみで行っていたことは明らかですが、第3者を含む調査機関を立ち上げて原因の究明に努めるそうです。それで本当に真相が表に出てくることはあるのでしょうか?

匿名の通報によってバレたそうですが、そもそもこの取引先というのもセルランやレビューの工作を受け持っている会社ではないのかというのが個人的な予想です。

致命的な自体になっており、ユーザーにお詫びの配布が決定!!
7/5までに連絡があるとのことです。

しかし……。
引き続きも何もAppleとGoogleが許してくれるのか!?

Apple&Google「駄目です」

f:id:ikebukulog:20190627194939p:plain

https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/

f:id:ikebukulog:20190627195530p:plain

https://play.google.com/intl/ja_ALL/about/developer-content-policy/#!?modal_active=none

アカン

改めてAppleとGoogleのディベロッパー向けに公開している規約を読んでみたのですが、完全にアウトですね。

特に厳しいのはAppleです。不正行為を行った該当アプリを削除するだけではなく、ディベロッパー自体が除名される厳しい処分が下されると記載されています。

今回のコロプラの件に関しては疑惑でも未遂でもなく既に金銭は支払われているので、完全に該当します。

そしてその場合、『最果てのバベル』だけではなく、屋台骨の『白猫プロジェクト』といったコロプラさんが配信している全てのアプリが削除されることに!

大丈夫なのか!?

任天堂からの44億円の請求も現実視される中、アプリストアから排除になったら会社が持たないのではないでしょうか。

日本だとこういう場合なぁなぁの甘い対応をしがちですが、AppleやGoogleはアメリカ企業であり、コロプラさんを除名しても何の影響もなく、むしろ規約違反に対応しない方がプラットフォームの信頼性が失われるので容赦なく対処してくるものと思われます。

ユーザーに侘び石を配布するまで生きていれば良いけど……。