イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

監督、『八月のシンデレラナイン』全30選手が池袋駅構内に登場!!

f:id:ikebukulog:20190701162528p:plain

JR池袋駅が甲子園だ!

いよいよアニメも最終回を迎えようとしている『八月のシンデレラナイン』。
スマホアプリゲームの方も2周年記念ということで、JR池袋駅構内に全30選手のポスターが7/1から7/8まで掲出されるそうです!

株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」)は好評配信中のiOS/Android用アプリ『八月のシンデレラナイン』(略称:ハチナイ)のリリース2周年を記念し、JR池袋駅改札内に期間限定でポスター掲出を行うことをお知らせいたします。
全30選手の広告が掲出されておりますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000019676.html

見に行かなきゃ......。
青春×女子高生×高校野球というテーマで一部界隈でも大きく話題になっている『八月のシンデレラナイン』。

f:id:ikebukulog:20190701164005p:plain

高橋由伸......お地蔵様として選手の活躍を見守る作品ではなく、野球ゲームと言うとコナミのパワプロがプロスピを思い浮かべますが、実際には”野球型青春体験ゲーム”であり、プレイヤーは監督として見守ることがメインで野球ゲームとして操作する要素はあまりなかったりします。

しかし、監督なくして成り立たないのがこの作品!

泣きゲー時代の青春ストーリー

現在のというか、key由来泣きゲー全盛だった時代の流れを受け継いでおり、近年の作品だと極力対立や衝突を省くような傾向が強いですが、本作ではむしろそれこそがメインとして、しっかり描かれていきます。

この辺は、何かと過去にトラウマを抱えたヒロインが登場し、ドラマティックな恋愛が展開される泣きゲー以降のギャルゲーっぽい。何より青春、それも部活動でトップを目指すということ自体が、笑いあり涙ありの青春で成り立つことを考えると、真剣に描こうとすれば衝突や対立が避けて通れません。

そういう意味では、今、改めてこういう雰囲気の作品というのは、結構珍しかったりするんじゃないでしょうか。新鮮に感じますね!

f:id:ikebukulog:20190701164706p:plain

f:id:ikebukulog:20190701164711p:plain

ゲーム内では2周年記念が開催されており、ドラフトチケットなど様々な施策が展開されています。アニメの放送もあり、新規で始めるのにはベストなタイミングなので、アニメを見て気になったという方は、是非、監督になってプレイしてみましょう!