イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

遂に韓国へ輸出規制発動!東アジア文化都市とか言うてる場合か?2

f:id:ikebukulog:20190613045739p:plain

ホワイト国からの除外で更に輸出規制対象拡大へ

言うてる場合かシリーズ第2弾。

日に日に状況が悪化の一途を辿る日韓関係。
7/1に経済産業省から発表され7/4に即日発動となったフッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミド」の半導体3品目の輸出規制強化。

申請後、許可に最大90日掛かるようになるそうですが、実際には許可しない方針とされている為、事実上の禁輸措置となるそうです。

フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミドは日本が市場を支配しており、日本への依存度が非常に高い為、これらを規制されるとサムスンやSKハイニクスといった半導体を基幹産業とする韓国経済に大きなダメージを与えることになるだけに、事態の深刻さが深まっています。

更に核心素材3品目のみならず、現在パブリックコメントを募集中ですが、ホワイト国から除外で1700品目の輸出規制が強化されるとのこと。これにより食品や木材を除く殆どの分野で輸出が厳しくなり、炭素繊維や工作機械などにも規制が拡大。日本政府も徹底抗戦の構えを見せています。

ikebukulog.hatenablog.jp

米中貿易戦争、香港デモに続いて今度は韓国への輸出規制。
この政治状況で、日中韓で仲良く文化交流......。

東アジア文化都市とか言うてる場合か!?

北朝鮮とイランへフッ化水素を横流しか?

f:id:ikebukulog:20190709062116j:plain

豊島区では今年1年間、「はらはら、どきどき、文化がいっぱい。」をテーマに日中韓で文化交流事業「東アジア文化都市2019豊島」を開催中です。

日本は豊島区、中国は西安市、韓国は仁川広域市が選出。現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベントを開催し、文化交流を深めていくことを主眼に日本の文化庁が呼び掛けてスタートしました(ココが重要)

毎回しつこいくらい言っていますが、折角これだけ大々的に開催する以上、個人的には盛り上がって欲しいと思っていますし、応援もしています。そう思ってるんだけどさぁ......。

しかし、流石にここまでの状況になってくると、日中韓で仲良く文化交流しましょう! なんて言ってもお題目にしか聞こえないというか、制裁しておいて仲良くとかギャグか!

前向きに応援している人でも、それを素直に言い辛い状況に陥っていますね。いや、政治と文化は別だからとか言っても、政治と経済は別とかツートラックを掲げて破綻したことは誰の目から見ても明らかなわけで、昨年から続いた一連の暴挙などは国民感情に大きく影響しています。

むしろそういうものを一切見てみぬフリして仲良くしましょうと言っても、それが支持されないのは当然かもしれません。

実際には制裁ではないのですが、制裁の側面があることは否定出来ない今回の輸出規制。「東アジア文化都市」が、なかなか盛り上がらず話題にもならないのは、やっぱりそれが望まれていないからなのではないかという懸念を持たざるを得ない面があります。

現実問題として、そういうリアルな本音というのが話題の拡散性に影響していて、区民が積極的に情報を発信しようと思ってくれない性質のものになってしまっているのは残念です。

しかしこれは豊島区さんも難しい立場ですね。
というのも、豊島区さんは、アメリカが行った臨界前核実験に対して毎回抗議文を送付しています。

豊島区はアメリカ合衆国の臨界前核実験に抗議文を送付しました|豊島区公式ホームページ

今年の5月にも抗議しているのですが、理由としては、東京23区で初めて「非核都市宣言」を行ったからというものです。「核兵器許さん!」って、それ自体は全くその通りで一切の異論はありません。

が、核爆発を伴わない臨界前核実験に抗議するのであれば、より重大な懸念として、これまでの経緯から見えてくる一つの事実。

つまり、韓国へ輸出されたフッ化水素が横流しされて、北朝鮮、そしてイランに渡って核兵器を製造する為のウラン濃縮に使われている、こっちの方にこそ怒りを向けるべきだと思うのですが......。

同盟国には抗議するのに、敵対関係にある北朝鮮や、伝統的友好国とは言え、中東で核武装しようとしているイランには言及せず、そしてその核兵器を作る為のフッ化水素を横流ししている韓国へだんまりというのはちょっと。

この辺の事実関係は今後どんどん明らかになってくると思いますが、そういったことが表沙汰になったとき、ちゃんと抗議文を送付するのか注目です!

やっぱりアレじゃないですか。
毎回言っているような気がしますが、全く何の友好国でもない親日国でもない国と文化交流という枠組みが無理があるというか、中国は尖閣諸島へ侵略を止めて、韓国は竹島を返してから言わないと説得力がありませんね。

今年はポーランドとの国交樹立100周年ということで、秋篠宮様がポーランドとフィンランドをご訪問されていましたが、ワルシャワ大学では秋篠宮様の「日本の何に関心を持ちましたか?」という趣旨の質問に、学生から「アニメ」や「歴史」といった答えが返ってきたそうです。

第1次世界大戦のおり、ソ連のシベリアには多くのポーランド人が拘束されていました。その中でも両親のいない孤児達をシベリアから救出したのが日本であり、日本で保護した後、子供達が元気になってから祖国ポーランドへ送り届けたことで、日本とポーランドの間には深い友情が結ばれたのですが、それもあって非常に親日的です。こういうことは全然教科書には書いてありません(おかしいですよカテジナさん!)

またフィンランドも親日的な国家ですし、こういう国々と文化交流でより仲を深めていきましょうというのなら理解出来ますし、素直に歓迎する人ばかりだと思うんですけどね!

核兵器を製造しようとしている危険な国に日本からの物資を横流ししている国と、そんなことは知らないフリをして仲良くしましょう! というのは現実的に考えても道理が通りませんし、理解を得られるとは到底思えません。

そもそも、こうやって毎回のように「東アジア文化都市」とか話題にしているのも、このブログだけなんじゃないかっていう(笑)

まさに、東アジア文化都市とか言うてる場合か!?
という情勢に陥りつつある2019年。

今年で中止になってもおかしくない!