イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

乙女ゲーマー待望「Nintendo Switch Ver.2」が発売決定!! いつ買うの!?

f:id:ikebukulog:20190718065052j:plain

Nintendo Switch Ver.2(真ニンテンドースイッチ)発売!!

8月下旬でしょ!

f:id:ikebukulog:20190316071918g:plain

昨夜、いきなり発表となった「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)の稼動時間が大幅に向上した「Nintendo Switch Ver.2」(真ニンテンドースイッチ)。

もともと以前から発売が予定されているという噂は出ていましたが、遂に正式発表となりました。Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の特徴とも言える携帯モードがより強化され、バッテリー持続時間が従来の2.5時間~6.5時間から、4.5時間~9時間に大幅に向上。定価はなんとこれまでと同じ据え置き価格!
どうしても発売日すぐに『ファイアーエムブレム 風花雪月』をプレイしたいという人でなければ、この1ヶ月はノーマルNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の購入を控えた方が良いかもしれません。

www.youtube.com

ikebukulog.hatenablog.jp

え、こんな記事、先週もなかったかって?
まさかの2週連続新製品の投入......これは!

乙女ゲームの完全移行に弾みが付くこと間違いなし!

待望のジョイコンに新カラー登場!

f:id:ikebukulog:20190718070148j:plain

ジョイコンに新カラー「ネオンパープル」「ネオンオレンジ」「ブルー」「ネオンイエロー」の4色が登場!

稼働時間が大幅に向上していますが、シュリンクされてチップも新しいものになっているのかな。バッテリーの持ちが2倍近く良くなったので、持ち寄って遊ぶ場合などには大きな効果を発揮しそうです!

8月下旬ということで、夏休みも終わりに新製品の投入なので、ちょっとタイミング的には夏休み前に購入控えが起こってしまいますが、ポケモンの発売日などを考慮すると、ソフトの発売ラッシュが来る9月以降に向けて、携帯性特化の「Lite」、バッテリー持続時間が向上した「真スイッチ」と2つの選択肢を用意してきた任天堂さん。

何より、メディア対策としても面白い!
先週、Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチ ライト)が発表されましたが、テレビ主力をしない人に需要があるのが誰の目からも明らかな製品に対して、くだらないメディアが「据え置きを捨てて携帯機に~」「スイッチ最大の特徴を捨てた」「ユーザーからは失望感が~」などと、しょうもない香ばしいネガキャンを繰り返していましたが、まさに梯子を外す即座の「据え置き」新製品投入。

メディアを扱き下ろす絶妙なタイミングじゃないでしょうか(笑)
とんだ赤っ恥をかかされましたね!

f:id:ikebukulog:20180922073908p:plain
さて、オトメイトさんが旗振り役となり、乙女ゲームがスイッチに完全移行を果たしたことで、買わなきゃと思っていた乙女ゲーマーの方も多かったと思いますが、Liteと真スイッチの登場で一気に普及が進むかもしれません!

ブロッコリーさんも参入で『うた☆プリ』も発売されますし、「Nintendo Switch Lite」(ニンテンドースイッチ ライト)の発売日が9月20日ということで、「アニメイトガールズフェスティバル」(AGF)前というのも、メーカーとしては嬉しいタイミングなのではないでしょうか!

何より、任天堂さんなので「どうぶつの森」といったようなタイトルも揃ってきますし、女性が楽しめるソフトも多いだけに、価格の面でも選択肢が生まれて選び易くなりました。個人的に最新作の発売を待っているタイトルとしては「ガールズモード」シリーズも期待しています!

しかしこうなると、来年には性能がアップした「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)が出るというのも確実では?

コンソール市場は、これまでとは大きく変化しており、任天堂さんとしても一定のサイクルでハードを区切って新しくしていくというよりは、順次向上させていくスマホのような発展のさせ方に舵を切っているので、「Nintendo Switch Lite」(ニンテンドースイッチ ライト)の発売で完全に携帯機に振り切ったというわけではなく、共通のフォーマットからそれぞれ特化する形で派生させていくといったような戦略なんでしょうね。

iPhone7→iPhone8といったような正当な進化の形もあれば、XRやXS、Seのような形もあり、それぞれユーザーが用途に合わせて型を選ぶような形に「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)もなっていくんじゃないでしょうか。

携帯性に特化された「Lite」、バッテリー持続時間を伸ばした「真スイッチ」、そして来年に出るかもしれない性能を向上させた「スイッチ2」。

つまり、ユーザーがそれぞれのライフスタイルに合わせて自分に合ったハードを選択すれば良いという、これまでのコンソール市場におけるハードの考え方を抜本的に見直した、スイッチした発想によるものであり、これはまさに遊び方を様々ば場面でスイッチする「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)のコンセプトそのものです。

何にしても乙女ゲーマーには渡りに船な「Nintendo Switch Lite」(ニンテンドースイッチ ライト)と「Nintendo Switch Ver.2」。これはまた大ヒットになって長期的に品薄が続く展開になるかもしれません。

購入予定なら今のうちに予約しておきましょう!