イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

ニコニコ本社が営業終了!「Hareza池袋」へ移転でハレスタジオ始動!!

f:id:ikebukulog:20151023074355j:plain

Pパルコで5年間営業していたニコニコ本社が終了へ

やっと発表されましたか!
ニコニコ本社が7月31で営業終了するという話は、以前教えて頂いたのですが、一向に公式から発表されないから延期なのかと思っていました。

2014年に池袋PARCO 別館 P'PARCOの地下1階にOPENした「ニコニコ本社」ですが、もともと「池袋ハロウィンコスプレフェス」は、このニコニコ本社の池袋出店に伴い、豊島区×アニメイト×ドワンゴのスクラム体制が整ったことで始まった象徴的事業でした。

今回のニコニコ本社の営業終了は、決して悲観的なものではなく、むしろこれから見据えた未来志向によるものなので心配不要です!

ミュージカルや伝統芸能を公演するホールや、アニメ・サブカルチャーを楽しめる空間など個性の異なる8つの劇場を備え、2020年夏にグランドオープン予定の新複合商業施設「Hareza池袋」の東京建物Brillia HALLに、「ハレスタ」は”リアルとバーチャルの融合“を掲げ、『国際アート・カルチャー都市』池袋から日本のポップカルチャーを世界へ発信する”リアルプラットフォームスタジオ“として、一足先にオープンします。
https://dwango.co.jp/news/press-release/2019/0722/news-95.html

「Hareza池袋」のメインとなる中央の「東京建物Brillia HALL」に移転が決定。正式名称も「ハレスタ」に決まったようです!

大ホールの脇を固めるハレブタイとハレスタ

f:id:ikebukulog:20190722163002j:plain

メインとなる宝塚や演劇などの演目を中心とした大劇場と、その両脇にポニーキャニオンさんが運営する「ハレブタイ」、ドワンゴさんが運営する「ハレスタ」の3劇場が入ることになる「Hareza池袋」の「東京建物Brillia HALL」。

「ハレスタ」は、niconicoがこれまでも目指していたネットとリアル、そしてバーチャルの融合を実現するべく、スタジオ技術・演出面で蓄積された制作ノウハウを集約し、最新鋭の技術とインターネットを駆使したバーチャルキャラクターによるライブパフォーマンスやアニメ・ゲーム関連のステージイベントなど幅広いコンテンツを発信していきます。

ハレブタイと似たような役割ですが、もう少しコンパクトな劇場というよりスタジオという設備です。ハレブタイのキャパが500人なので、用途によってハレブタイとハレスタで使い分けることになるんじゃないでしょうか。或いはこの2つで連携させていく動きもありそうです。

f:id:ikebukulog:20190722163639j:plain

スタジオ壁面に、幅8m・高さ5m超、250インチの大型LEDパネル「ハレスタLEDビジョン」が設置されるそうです。ニコニコ本社に設置されていた街頭ビジョンと同じような感じで使用されるのかもしれませんね!

ハレスタLEDビジョン スペック
正面入り口  :上部6.6mmピッチ H3.2m×W5.6m(250インチ) 
2F LEDウォール:8mmピッチ H2.4m×W8.6m/1F LEDウォール 6mmピッチ H5m×W8.6m
スタジオ内LED :2.6mmピッチ H2.5m×W4m

OPENは「Hareza池袋」の先行開業となる11/1からとなっており、11/1はオープニングセレモニー、11/2~11/3にはこれら落とし公演も決定!

いよいよ全貌が明らかになりつつある「Hareza池袋」の「東京建物Brillia HALL」。グランドシネマサンシャインも開業になりましたし、これから池袋の勢いが加速度的に早まっていきそうです!