イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

サンシャインシティ「MAZARIA」はやはり「VR ZONE」の後継だった!

f:id:ikebukulog:20190711202208j:plain

「MAZARIA」の謎が明らかに!

先月7/12に池袋サンシャインシティ 3階「J-WORLD TOKYO」跡地に誕生したアミューズメント施設“アニメとゲームに入る場所”「MAZARIA(マザリア)」。

管理人も早速「パックマン」や「大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー」などをプレイしてきましたが、実はこの「MAZARIA」名前だけだと分かりませんが、VR施設であり、コンテンツも「ガンダムVR」や「ドラクエVR」、「エヴァンゲリオンVR」など新宿歌舞伎町で展開していた「VR ZONE」のコンテンツを踏襲しています。

そこで気になるこの疑問。
何故、施設名に「VR」を付けなかったのか......その謎が明らかに!

4Gamer:
 新宿のときは「VR ZONE」という名前でしたが,今回は「MAZARIA」ということで,施設名に「VR」という単語が出てきません。これにはどういう意図があるのでしょうか。

小山氏:
 VR ZONEは最先端好きの人と,いわゆる「リア充」をメインターゲットにしていたんです。これはちゃんと当たったんですが,問題もありまして,彼らはリピーターになってくれなかったんですよ。
 なので,“この層のみ”をターゲットにするのは限界があるな,というのがVR ZONEで我々が得たひとつの教訓でした。
https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20190807009/

リア充爆発しろ!

ってことか(違います)

キーワードは「ファミリー層」?

ということで、「MAZARIA」について4gamerさんのインタビュー記事が掲載されています。面白い内容なので是非一読してみてくださいね!

施設名に「VR」を付けなかったのは、VRを付けるとVRに興味のある人しか来ないからというもの。サンシャインシティで展開することで、新宿の「VR ZONE」よりファミリー層の比率が大きく増えたというのは興味深い結果です。

ikebukulog.hatenablog.jp

それで言えば、池袋マルイで「怨念病棟」を展開していた株式会社ダズルさんもCEOの山田氏が「アーリーアダプターというよりファミリー層へリーチしていく」というようなことを仰っていましたが、ここ数年の施設型VRの結論として、プレイヤーの層を拡大しないとどうにもならないということが明らかになった感じでしょうか🤔

ファミリー層に希求していくというのがこれからのVRの課題かな?
どうしても一度体験したら満足みたいになっちゃいますからね(笑)

実際VRコンテンツの性質上リピーターを増やすという方向性はかなり難しそうです。ゲームセンターで遊ぶとき、最近は自分のデータが保存できるゲームが多いじゃないですか。何度も繰り返すことで自分が上手くなったり、カード排出筐体だったらカード資産が溜まっていったり、それは蓄積型のコンテンツだからですよね。

VRはそれ自体が「体験」を重視したコンテンツであることを考えると、「体験」というのは最初が一番面白いわけで、何度も体験していると慣れてきます。体験型のVRコンテンツは大きく話題になる一方で、その昔、管理人も含めてゲームセンターで格闘ゲームに連コインしていた頃みたいなことにはなりません(笑)

他にもインタビューでは、誰もが感じている「ロケーションVRの問題点」についてかなり突っ込んで赤裸々に語られており、そしてその問題点を「MAZARIA」でどう解決しているのかといったことが詳しく載っているので、「MAZARIA」を知る上で欠かせない情報が満載です!

そして何より、池袋ということで女性向けのジャンルについても触れられているのですが、今後やっていくそうです!

女性向けVRコンテンツが「MAZARIA」に登場する?

4Gamer:
 池袋という立地は乙女ロードが近いこと,サンシャインシティでは女性向けの同人誌イベントも多いこと,ナンジャタウンでの実績などを踏まえると,女性向けコンテンツにも可能性があると思うのですが,そのあたりの予定はありますか。

田宮氏:
 サブターゲットとして大きいと思っていますし,そういうコンテンツも扱うと決めています。あとは,どう表現するかですね。ご指摘のようにナンジャタウンもあるので,上と下で連動とかをしてみたいです。

女性向けコンテンツも扱うとハッキリ明言されているところが面白い。個人的には女性向けというか、アイマスみたいなアイドル系のライブコンテンツに期待したいです!

横浜のDMMシアターまで行くのは遠くてな......。
バンダイナムコさんということで、『アイドリッシュセブン』などもそうですし、『SideM』もそうですが、そうしたIPも沢山抱えているのが強い。

いったいどんな女性向けコンテンツが登場するのか楽しみですが、例えばVRのテニスのゲームで、対戦相手がテニプリのキャラクターになっていて、波動球とか風林火山とか繰り出してくるみたいなVRテニスゲームとか滅茶苦茶面白そうなんですけど、そこまで激しい動きをするとトラッキング的に駄目なんでしょうか(笑)

目の前に迫る波動球......どう考えても面白い。

え、女性向けコンテンツってそういうのじゃない?