イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【東京2020公認】池袋、「オタクサミット」開催で一線を超えまくる‼

f:id:ikebukulog:20190822070631j:plain

東京オリンピック2020公認プログラムにまさかの参画!

f:id:ikebukulog:20190316071918g:plain

豊島区は止まんねぇからよ、お前らが止まんねぇかぎり、その先に池袋はいるぞ! だからよ、止まるんじゃねぇぞ…。

止まるんじゃねぇぞ!

(大事なことなので2回言いました)
オリンピックとは何なのか、そんな疑念がよぎらなくもありませんが、国際オタクイベント協会と豊島区が共同で、来年の6/27~6/28の2日間、「オタク文化」を世界に発信するイベント「OTAKU SUMMIT 2020」を豊島区、池袋で開催‼

「OTAKU SUMMIT 2020」は、日々日本より発信されるマンガ・アニメ・ゲームを中心としたオタク文化を愛する世界の人々と世界のイベント団体が東京・豊島区に集う、オタクという一つの文化的アイコンを通じた国際交流の場です。

学術会議、セミナーを中心とした、オタク文化に関する展示等、オタク文化を体感できる場を作ります。東京・豊島区よりオタク文化平和外交の重要性を発信し、オタク文化を通じて日本のファンを獲得します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000032202.html

なんとこのイベント、“東京オリンピック2020公認プログラム”というオフィシャルのものとなっており、2020年「Hareza池袋」開業に合わせて、一気に「アニメの聖地」、「マンガの聖地」として池袋の認知度をアピールして高めんとするまさに基幹事業となっています。

豊島区さんフルスロットル!

ここまで来たら引き返す選択はありません

すげーな豊島区さん......。
ここまで来たら、この道を突き進み死なば諸共ですよ。もう一蓮托生の関係といっても良いのではないでしょうか(笑)

こういった方向性で進むということは決定していても、普通だったら幾ら何でもここまで前のめりで突き進むのは本来なら難しいと思うのですが、もう完全にオタク街ありきですもんね。

これが過疎化に悩む地方の田舎都市が地域活性化の一環としてこういった方針を立ち上げるというのならまだしも、池袋という巨大ターミナルを抱える日本でも有数の自治体である豊島区でこの尖りに尖り切った方向性というのは、なんというかこれが本当に起こっている事なのか現実感がありません。

確かに東京でオリンピックが開催されるのは1964年以来の半世紀ぶりという千載一遇、まさにここしかない好機とはいえ、そうはいっても2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まったのは2013年のこと。

2013年といったら、アニメイト池袋本店が乙女ロードから現在の位置に移転したのが2012年11月だったので、ほぼ2013年です。そこから豊島区庁舎の解体、跡地に「Hareza池袋」の建設が発表されるなどの動きにが活発化していきました。

今から考えてみれば、アニメイトさんの移転は「Hareza池袋」の地ならしであり、日の当たらないスポットだった中池袋公園周辺の環境を作り替えるテラフォーミング事業を担っていたわけですが、その時点ではオリンピックの東京開催は決定していなかったので、ここまで密接にオリンピックが絡んでくるという今のこの状況は、まさしく運命の悪戯としか言いようがありません。

それでいて東京都知事は東京10区が選挙区だった小池百合子さんなので、全てがあまりにも都合良くこの方向に進むべきということを示しています。

これが「天の意思」なのか......( ゚д゚)ポカーン

豊島区が募集していたパブリックコメントの中には、「池袋でオリンピックの競技が開催されるわけじゃないのに何故(オリンピックに)力を入れてるの?」みたいな意見があったのを前に見た憶えがあるのですが、こういうことなんですよ(笑)

その疑問は最もだし誰もがそう思うところではあるのですが、実はこういう背景、伏線があっての話であるということは、詳細を追ってないとなかなか見えてこない部分なんじゃないでしょうか。

池袋西口公園もオリンピックのパブリックビューイングが出来るようにリニューアル中ですからね。

これはますます聖火リレーの「アニメ出発式」説が現実味を帯びてきましたね。豊島区ならやらないという選択はあり得ない!

ikebukulog.hatenablog.jp


来年7/19の聖火リレーは池袋がスタート地点に選ばれたのですが、その日一番最初に出発する自治体は出発式を開催する権利を獲得できます。そして、地域の特色を活かした「聖火リレーの出発式」を開催することが出来るのですが、この状況下で、現在の方向性を鑑みれば、出発式がどうなるのかは火を見るより明らかです。まず確実に「アニメ出発式」が開催されることになるでしょう(笑)

だいたい総理大臣が閉会式にマリオのコスプレで引き継ぎする国ですからね。もう何でも有りだよ(笑)

来年に抜けて急加速で「オタクの聖地」化が進む池袋。
秋葉原は、再開発の中で街としてのオタク街という属性と、行政が進める方向性は完全に独立分離していましたが、その結果が現在の秋葉原だとして、じゃあ逆に行政と一体化していたらどうなるのかという壮大な試み、実証実験が池袋で行われるようとしています。

それはまさに実験室のフラスコ。
その結果が出たとき我々は......。

f:id:ikebukulog:20170720182236j:plain

【OTAKU SUMMIT 2020 企画概要】
名 称:OTAKU SUMMIT 2020
<東京2020公認プログラム>
場 所:東京都豊島区
サンシャインシティ、としま区民センター
期 間:2020年6月27日(土)〜2020年6月28日(日)
主 催:OTAKU SUMMIT2020 実行委員会
事務局:国際オタクイベント協会(IOEA)

【ホームページ】
・OTAKU SUMMIT 2020 ホームページ
https://otaku-summit.jp/
・国際オタクイベント協会 ホームページ
https://ioea.info/