イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

帰ってきたサンシャインシティ「マーベル」SHOP!え、蜘蛛男は?

f:id:ikebukulog:20190418190317j:plain

リストラされた蜘蛛男はどうなるの?

帰ってきたマーベルショップ!
池袋サンシャインシティにて、9/12から「MARVEL POP UP STORE」が開催決定とのこと。前回開催されたのが4/13~5/20だったので、なんかもう4ヶ月に1回は開催している感じですね。そのうち何処かの店舗スペースが空いたら常設店になっていそうです。

その前は昨年12月に開催されていましたし、半ばお馴染みとなったマーベルショップ。しかし、今回は渦中のアノキャラクターの行方が気になります。

結局スパイダーマンどうなるの!?

これからはヴェノムの時代なのか……。

f:id:ikebukulog:20190418191249j:plain

だいたいは映画と連動して開催されていますが、ソニーと権利関係で揉めてパージされたスパイダーマンがどうなるかですね。最近は絶好調のマーベルですが、不遇な時期に権利関係を手放してしまうとどうしても後々面倒なことになります。

かつてウルトラマンも同じような経緯を辿って外国と裁判沙汰になりまくりましたが、今回はディズニーとソニーで揉めているので折り合いが付くのかどうか……。

最終的には権利をディズニーが持つのが妥当だとは思いますけど。ソニピクがスパイダーマンだけ持っていてもどうにもならそうですし、この辺は今後金銭面でのやり取りで片が付くのではないでしょうか。

それにしても、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は日本以外の全世界で興行収入1位となり、唯一日本だけが『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が1位で話題になっていましたが、しかしこれ、一見日本が特殊なように見えて実はその逆なんじゃないかと思えてならない......。

もっと色んな国の映画が選択に入ってくる方が健全なのですが、結局は日本も上映するのはハリウッド映画か邦画かの2択ですもんね。珍しく『バーフバリ』がヒットしたりもしましたが、他の国の映画というのは滅多に日本に入ってきません。そういう意味では非常に歪んだ市場のような気がしてならない......。

これがソフトパワーなのか......!