イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

【署名29万人】上級国民、飯塚幸三に厳罰を望むのは私刑なのか?

f:id:ikebukulog:20190421092113j:plain

国民情緒法は法治国家に許されるのか?

池袋で起きた池袋暴走母子死亡自動車事故によって家族を失った男性が、事件を起こした旧通産省工業技術院で上級国民の「飯塚幸三」に厳罰を求める署名が約29万人分集まったとのこと。

2人が死亡、10人が重軽傷を負った痛ましい大惨事として、豊島区では来年の4月を目途に慰霊碑の設置が決定しており、「東池袋自動車事故慰霊碑設置」の募金を募っています。8/5の時点で支援金の総額は6,196,166円が集まったそうです。

ikebukulog.hatenablog.jp


現在は献花台も撤去されましたが、事件直後は本当に痛ましい惨状で、管理人も普段良く通る道だけに、通るたびに事件の事を思い出します。

その後に相次いだ高齢者の自動車事故により、高齢者の免許返納などが議題に挙がる一方、それよりも何よりも問題視されているのは、「高齢者が事故を起こしたこと」ではなく、「大死亡事故を起こした人物が逮捕もされないこと」に対して、国民の怒りが集まっており、それがこういう署名に繋がっています。

約30万人の署名が集まったそうですが、厳罰を望むのは私刑なのでしょうか?

証拠はないけど有罪判決!恐怖の国民情緒法

国民が「厳罰に処すべき!」と判断したから、証拠を問わずに牢屋にぶち込むという情緒による判断は非常に恐ろしいことです。

分かり易い例として隣国がありますが、韓国の前大統領である朴槿恵(パククネ)被告は、ロウソク革命で弾劾され、その後特に関与を決定付ける決定的な証拠は出なかったにも関わらず有罪に処されています。

今月の29日に最高裁から高裁へ審理の差し戻しが行われましたが、これは証拠不十分だからやり直せという判断ではなく、刑が軽すぎるからやり直せという判断となっており、より重罪となる可能性が高いそうです。

なんでも国民情緒で決まる国だと何が起こるのかと言えば、それはもう最近の日韓関係が証明しています。国民情緒法により、レーダーを照射したのに低空飛行と嘘をついて問題をすり替え、北朝鮮やイランに戦略物質を横流ししたのに、輸出規制報復措置だと喚きたて、GSOMIAも破棄、最終的には日韓基本条約も破棄と言い出すのも時間の問題でしょうか。

国際法や合意に違反し、相手に自国の国民情緒に反するのが悪いと一方的に言い分を押し付け、その結果が何を引き起こすかと言えば、在韓米軍が撤退し......おっと、なんでもありません。

隣の話は良いとして、厳罰を求める署名が約30万人分集まったんだから厳罰にしろ! というのは、確かに一見すると国民情緒法に他なりませんよね。日本がそのような国になって良いのかと言われるとNOです。

とはいっても、この件はそもそも論として、最初に“逮捕されなかった”から拗れているので、そこの不公平感が問題の本質であって、単純に国民情緒かというとそうでもない気もします。

無罪の人間が国民情緒により有罪に課せられているわけでもなく、明確な証拠も有り、これだけの大事故を起こして死亡者も出ていて、その後に起こった同様のケースや、より被害の軽い事故では逮捕されているにも関わらず、飯塚幸三だけが逮捕されていないという、まさにこの上級国民という特権に憤りを持っている人が多いのであって、これを私刑というのかといと、うーん......。

誰もが学生に時代に倣ったであろう「法の下に平等」という原則に反しているのではないかと感じる人が多いからこそ、これだけ署名が集まっているわけで、これは国民情緒と言えるのでしょうか?

個人的には、むしろ国民情緒とは正反対の、この件が法の原則に従っていないのではという疑念ですよね。

日本国憲法第14条

  • 第1項:すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
  • 第2項:華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
  • 第3項:栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

日本国憲法第14条にはそれが記載されていますが、飯塚幸三被告の件はこの3項ある全てに反しているように感じてしまいます。

逮捕されないことで法の下に平等ではないことを示し、上級国民と揶揄されるような階級制度があることを暗に認め、瑞宝重光章を受勲している特権なのか、メディアは沈黙するばかり。

京アニの被害者の実名報道を求める前にやるべきことがあるんじゃないかというそういう怒りにも繋がっていますね。

一応、逮捕されない理由は説明されていて、88歳と高齢で逃亡の恐れがなく、かつ事故時に怪我を負い入院措置となっているからと説明されていますが、その後に起こった他のケースではその場で現行犯逮捕されたりしていることを考えると、苦しい言い分のような気もします。

しかしこの対応によって、被害者の男性は家族を失い、そして犯人が逮捕もされないという2重の苦しみを背負わされているわけで、これはどうなのでしょう?

目には目を歯には歯をで有名なハンムラビ法典というものがありますが、日本で復讐や報復行為が認められていないのは、人が裁かない代わりに法が裁くからであって、もしこの原則が崩壊するなら、法が裁かないなら人が裁くしかないという結論になりますよね。ダークヒーローの誕生ですよ。『デスノート』においてキラの正義は悪だったのかみたいな話を真面目に考える必要があります。

ちょっと脱線しますが、日本には死刑と懲役刑の2種類がありますけど、煽り運転の何とかプロパティマネジメントみたいな悪質なのは、強制収容所送りみたいな選択肢もあって良いのでは⁉

常習犯で前科何犯みたいな人でしょ。厳罰化を求めるといっても、一生免許停止みたいな事をしても、ああいう奴は無免許で乗って同じことを繰り返すでしょう。現に今までそうだったんだし。

話を戻しますが、こういう対応を繰り返すことで社会に絶望する人が増えたり、法に信頼を置けなくなったら、モラルや倫理観が崩壊するのではと心配でなりません。そういう国が世界には幾らでもありますからね。

因みに『大江戸捜査網』で描かれましたが、隠密同心とは、そういう社会の裏に潜む悪を成敗する裏稼業のことです。中村 主水のような、要は必殺仕置人ですね。

アレ、管理人の名前って......。