イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋にも店舗を展開する「アニメガ」、文教堂不振でソフマップ傘下に

f:id:ikebukulog:20190404191823j:plain

文教堂、「animega(アニメガ)」事業をソフマップに売却

貴重な非アニメイト系店舗が......。

「animega(アニメガ)」というアニメ・コミック専門店をご存じでしょうか?

池袋ではサンシャインシティと池袋マルイ内の2店舗を展開しており、全国では約20店舗を展開している非アニメイト系のオタク向けショップとなっています。

そんな「animega(アニメガ)」ですが、運営している文教堂が本業の書籍売上が振るわず、「animega(アニメガ)」事業を売却。ソフマップ傘下となり、一部店舗は閉鎖となるそうです。

さて、本日の適時開示通り株式会社文教堂グループホールディングスの事業再生計画上の事業構造改革の一環として、キャラクター/アニメ専門店「アニメガ」に関する事業を、2019年10月末日をもって株式会社ソフマップへ譲渡することにつきましてご案内申し上げます。

既存のアニメガ店舗及び文教堂書店内アニメガ区画、文教堂 JOY 内区画は順次株式会社ソフマップ様へ承継され、新「アニメガ」として再出発(一部閉鎖)致します。運営継承完了までは、株式会社文教堂の運営する「アニメガ」と「新・アニメガ」が共存致しますが、取扱商品アイテムやサービスが異なる場合がございますので、予めご了承頂きますよう何卒宜しくお願い申し上げます。詳細につきましては、随時 HP 等でご案内申し上げます。
http://www.bunkyodojoy.com/download/20190927_animega.pdf

悲しい😭

女性向けのアニメガ、知名度は?

池袋の2店舗に関してはそのままソフマップさんが運営を引き継ぎ継続されるそうなのでとりあえず一安心ですが、客層では女性が9割近くを占めており、ソフマップさんとしても女性向けを強化したいという思惑から事業売却となったそうです。

文教堂さんは本業の書籍の取り扱いが不振となっており、「animega(アニメガ)」事業そのものは好調だったそうですが、なんとも残念です。書籍は取次が次々に倒産したりかなり苦しい業界になっているので今後が不安です。

「animega(アニメガ)」は女性向けの商品をメインに取り扱っているおり、イベントや施策も女性がメインなので、あまり男性にはピンとこない店舗かもしれません。

というか多分、池袋の店舗を知っている人も少ないのでは?
特にサンシャインシティ店に関しては、サンシャインシティの奥にひっそりと店舗を展開する知る人ぞ知るマニアックなお店で、全然露出がないだけに偶然辿り着かないと見つけられないくらいなので、サンシャインシティの隠れ里的な存在です。

アニメ&コミック専門店というと、あまりにもアニメイトさんが強すぎて、とらのあなさんやメロンブックスさん、K-BOOKSさんといった他の店舗は、アニメイトさんがカバーしきれないジャンルをカバーする共存戦略を取っています。

逆に「animega(アニメガ)」、他にも池袋にはゲーマーズさんもありますが、そういうモロに競合する店舗は、全然目立てていないので、知らない人も多いのではないでしょうか。

そもそも店舗を見つけられないですからね(笑)
池袋マルイ店にしても西口にある池袋マルイはオタク街である東口とは正反対なので、目的がないと行きずらいことを考えると、普通にパッと目に留まるということがないだけに難しさがあります。

なんとも残念な「animega(アニメガ)」の事業譲渡。
ソフマップ傘下になることで、今後はソフマップ店内に「animega(アニメガ)」コーナーが出来るといったこともあるそうですが、全国のソフマップ店内で展開出来れば、意外と今より知名度は広がっていくかもしれません。

是非、行ってみてくれよな!