イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋のコスプレイベントでも仁義なき「キヤノンvsニコン」白黒戦争勃発!!

f:id:ikebukulog:20191010063642j:plain

池袋でも勃発する2大カメラメーカーによる白黒戦争

いよいよ今月の10/26~10/27開催と近づいてきた「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」。

今年は更にグレードアップしており、過去最高の規模で開催となっており、「Hareza池袋」の開業と合わせて、今後の池袋の方向性を指し示すべく大々的に行われる予定となっています。

イベントの企画として今年も「ガチ撮影エリア」が実施。
人気コスプレイヤーさんを撮影出来るチャンスで、なんとカメラの貸し出しもあるので、SDカードを持参するだけで撮影に参加することが可能です。本格的なカメラで撮影するのが初めてという方におすすめの企画となっています!

f:id:ikebukulog:20191010064308j:plain

写真左上から、うらまる、シスル、五木あきら、宮本彩希、火将ロシエル、くろねこ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、10月26日(土)と27日(日)に池袋東口エリア一帯で開催される「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」において、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R」で本格的な写真撮影を体験できる「ガチ撮影エリア Powered by キヤノンマーケティングジャパン」を実施します。また、キヤノンのフォトブックで制作したコスプレイヤーの写真集を閲覧できる「コスプレ図書室 Powered by キヤノンマーケティングジャパン」を開設します。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000529.000013943.html

そして池袋で勃発する白黒戦争!

5月は「ニコン」10月は「キヤノン」?

f:id:ikebukulog:20191010064411j:plain

写真左上から、ももき、はやちん、NaGi、小林航太弁護士、Billy

貸し出されるカメラは、キヤノンさんのフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」。RFレンズの種類は分かりませんが、今後主流になっていくミラーレスカメラということで一眼レフ派の人でも気になっている人が多いのではないでしょうか?

【開催概要】
<ガチ撮影エリア Powered by キヤノンマーケティングジャパン>
日 時 :2019年10月26日(土) ~ 10月27日(日)11時~17時
会 場 :Hareza池袋(東京都豊島区東池袋1-19-1)
参加方法:無料。先着順。各回とも1時間前に整理券を配布します。
     11時からの回のみ10時30分から受け付けます。
     受付終了後は撮影の15分前に受付に集合してください。
      *タイムスケジュールは公式ホームページをご確認ください。
        《公式ホームページ》https://ikebukurocosplay.jp/
貸出機材:ミラーレスカメラ「EOS R」、RFレンズ

池ハロ2019の「ガチ撮影エリア」ではキヤノンさんがメインのようですが、実は今年5月にも池袋では「東アジア文化都市」開催を記念して、従来のアコスタよりパワーアップした「ウルトラアコスタ」が池袋で開催されていました。

そこでは「Nikon コスジェニックレッスン 春のUltraフォトブース」が出展しており、ニコンさんがメインでフルサイズミラーレスカメラ「Z6」、「Z7」の貸し出しが行われ撮影会が開催されるなど盛り上がっていました!

ikebukulog.hatenablog.jp

 

Canon vs Nikon

キヤノン vs ニコン

仁義なき2大カメラメーカーの白黒戦争が池袋でも勃発!

「白黒戦争」とは、世界的に注目の集まる場において、本体カラーが「白」のキヤノンさんと、「黒」のニコンさんのシェアが、報道陣、カメラマンが持っているカメラ本体のカラーで判別出来るという、ある意味では非常に注目が集まる静かなる戦い、サイレントウォーのことです。

来年開催される東京オリンピック2020でも、共に日本のメーカーということもありこの「白黒戦争」が盛り上がることは間違いありません。世界的にも高いシェアを誇っている事から、あらゆるところでこの構図を見ることが可能で、キヤノンさんニコンさん共に世界的なイベントはアピールの場になっています。

その白黒戦争が池袋でも......。
まさか池袋のコスプレイベントでも同じことが行われようとしているとは......。

余談ですが、カメラ市場は今後急速に一眼レフからミラーレスに移行していくと言われており、各社本格的にミラーレスカメラへの参入を進めています。そしてこのミラーレスにおいては、キヤノンさんニコンさん共に若干出遅れており、両社のミラーレスカメラには今後まだまだ改善の余地があるなど、ちょうど今は過渡期となっています。

ミラーレスで一歩先行しているのがSONYさんだと思いますが、発売したばかりの「α7R IV」は解像度がとうとう6100万画素にまで到達しているので、一度使ってみたい......。

管理人はニコンさんの「D850」を持っていますが、ミラーレスの「Z7」欲しい。瞳AFも追加されたそうなので、是非使ってみたいです。ミラーレスは一眼レフより軽いので、撮影時の負担が大幅に軽減されるのも魅力の一つではないでしょうか。

用途としては、そこまでフルサイズのカメラが求められるという局面は少ないのですが、カメラ沼、レンズ沼は嵌るとすぐに物足りなくなってきます(笑)

折角だから綺麗な写真を撮りたい、スマホのカメラでは物足りないというコスプレ市場は、カメラメーカーにとっては高額なカメラの販売が期待出来る大きな市場なので、マーケティングとして、こうしたイベントで貸し出しサービスを行うなど力を入れているんでしょうね!

池袋の白黒戦争、勝敗の行方は!?