イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

池袋シネマサンシャイン跡地は講談社によるライブエンタメ施設に!

f:id:ikebukulog:20191025203621j:plain

池袋東口に「講談社」参戦!

f:id:ikebukulog:20190316071918g:plain

これがヒットマンに登場する有能編集の力だ!

コメントで教えて頂いたのですが、グランドシネマサンシャインが出来たことで空きビルとなっていた旧シネマサンシャインビルを講談社が買い取り、ライブエンターテイメント施設にするそうです!

講談社の公式HPでリリースが発表されています!

f:id:ikebukulog:20191025204237j:plain

“物語”製造企業の講談社が「池袋」のビルをまるごとメディア化
世界に発信する「LIVEエンターテインメントビル」を開設

株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸、以下講談社)は、東京・池袋にLIVEエンターテインメントビルを開設し、本格的なライブ事業に参入いたします。
池袋駅東口サンシャイン60通りの中央部に位置する旧シネマサンシャイン池袋を活用した当施設は、バラエティ豊かなパートナー企業と連携して生み出すLIVEエンターテインメントコンテンツを日本全国、世界に発信する拠点として 2020 年春の開業を目指しています。

開設予定の池袋エリアは、豊島区が推進する「国際アート・カルチャー都市構想」のもと、劇場、映画館等の文化施設や漫画・アニメといったサブカルチャー、さらにジャンルを超えた文化が共存する新文化都市へと進化しており、大型商業施設の開発等によりさらなる賑わいと街の回遊性が期待されます。https://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/2019/20191024_ikebukuro-project.pdf

現状の流れを考えれば、跡地がつまらない施設になることはないだろうとは思っていましたが、だからといってこれだけ“この方向”に寄せてくるとは......。

池袋で何をする講談社!?

コンテンツホルダー「講談社」の参戦

f:id:ikebukulog:20191025204422j:plain

この近辺でどの施設もコンセプトが一致しているのが凄い。
「池袋HUMAXシネマズ」も映画館でVtuberのライブを開催するなど、そっち方面へ力を入れていますし、グランドシネマサンシャインもカプコンのコラボカフェやら色々入ったエンタメ施設になっています。

「Hareza池袋」には、講談社が掲げるライブエンターテイメント施設と殆ど同じコンセプトでポニーキャニオンさんが運営する劇場「ハレブタイ」がありますし、ブレーキを一切踏まないで全力でオタク街へ驀進する池袋東口のこの状況っていうのは、個人的には面白くて大歓迎ですが、客観的にも見れば異様ですね(笑)

とうとう東急ハンズさんでもVtuberのライブを開催ですからね。
どうなってんだこの街は!?

ikebukulog.hatenablog.jp


講談社と言えば出版社ですが、本格的にライブ事情に参入するその先陣としてシネマサンシャン跡地をライブエンターテイメント施設に魔改造!

シアターに4つのホール、物販エリアにコラボカフェで構成されるという池袋らしい施設になるみたいです。

新しくビルを建設するのではなく、今ある施設をリニューアルして使う事になるみたいですが、最早、池袋東口のコラボカフェの多さはスターバックスの比ではない......!

講談社なのでマガジン系のコンテンツが多く展開されるのでしょうか?
サンシャインシティで「五等分の花嫁展」を開催していましたが、そういった展示もより積極的に開催出来るようになりそうです。

アーティスト、役者、声優、Youtuberなど新たな才能を発信する施設ともなっているので、2.5次元にも力を入れていく模様。

何かしら有意義な施設になるとは思っていましたが、ここまで都合の良い施設になるとはこのリハクの目をもってしても(節穴定期)

それでいて旧池袋保健所はアニメイトさんが取得しており、オリンピック後に新築するまでは各階が出版社フロアになるといった構造になっており、集英社さんや小学館、講談社などが入るそうです。

秋葉原とは違った形で急激にオタク街化が進んでいますが、池袋で最も人通りが多そうなサンシャイン60通りの一画が講談社ビルになるということは、周辺への影響も更に大きそう......。

5年もすると今の原型がないくらい変化していそうですね!