イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

豊島区に来る外国人観光客の消費金額! あっ(察し)

f:id:ikebukulog:20191120040456j:plain

結論:アメリカや東南アジア、欧州を拡大しよう!

豊島区さんが公開している「豊島区外国人旅行者行動特性調査」(平成27年度)によると、国別の支出金額「買物代」のデータが公開されているのですが、どういった国々からの観光客を拡大していくべきかということがこうしたデータから読み取れますね!

1か国だけ極端に低い国が......🤔

海外旅行の総額が7万4千円というのも驚きですが、交通費が9555円って、先日、管理人が新幹線で出掛けたときよりも安い(笑)

この資料によると、豊島区に来る観光客の国別割合では、最多が中国の21.8%、2位は何と台湾で20.5%、3位はタイ14.4%、4位香港14.2%となっています。韓国は6位で5.6%。

8位が欧州4.4%、9位に米国/カナダ3.3%なので、今後、更なる観光地が進んでいく豊島区においては、消費金額の大きい「欧州」や「米国/カナダ」からの観光客を拡大させていきたいんじゃないでしょうか!

現状だとアジアからの観光客が8割といった偏った構成なので、まだまだ平準化の余地があるという事が読み取れます。

因みに10位がオーストラリアの2.7%ですが、季節が日本と正反対のオーストラリアから観光に来る方は、スキーなどのアクティビティで北海道のニセコとか、そっち方面が目当てだったりするのかな?

外国人観光客、今年も増えていた!

f:id:ikebukulog:20191120043628j:plain

出典「日本政府観光局(JNTO)」

日本政府観光局(JNTO)が公開している月別推計値によると、9月までの総数は約2440万人となっており、2019年は3000万人を超える見込みとのことです。

1か国だけ極端にマイナスの国が......🤔

韓国の前年同月比-58.1という減少ぶりには笑えますが、その割には全体のトータルだと日本へ来る外国人観光客は伸率4.0%と増えているので全く問題なさそうです。

しかしこれだけ減少しているのに日本に来る外国人観光客としては9月だと3位、年間だと2位という数字を見ると、あの国はいったいなんなんでしょうね(笑)

それはそれとして面白いのがイギリスです。
日本で初開催となったラグビーW杯の影響は凄い!

英国からの伸率は前年同月比84.4%の大幅増となっています。
確かに池袋でも最近「英国風パブ」めっちゃ増えた気がする!

f:id:ikebukulog:20191120045533j:plain

池袋の「WACCA」も、以前はナイキの靴を販売していた1階の店舗が英国風パブ「HUB」になってましたし、ここ最近は大抵ラグビーの試合が放送されていました(笑)

ポケモン最新作の舞台にもなったイギリスですが、さっさとEUを離脱してTPPに入ろう。日英同盟復活や!

他に9月の伸率で見ると目を見張るのが52.5%のフィリピンです。何かフィリピンの方にとって日本へ行く切っ掛けがあったのでしょうか......?

そしてその次に伸びているのがロシアです。
ロシアは年間通しても伸率がベトナムに続く2位で22.2%も伸びています!

距離的にもロシアからの観光客がもっと増えれば良いんですけど......。
国が共産圏じゃなかったら、もっと交流が盛んになっていたのでしょうが、ソビエトの幻想を捨てきれないままなので、どうしてもレッドチーム、ブルーチーム的な対立の枠組みになってしまうのが残念。

来年は2020東京オリンピック・パラリンピックが日本で開催されるので、日本に来る外国人の方も全体的にかなりブーストされそうです。

しかしながら、現在でもオーバーツーリズムの深刻な影響が出ていることもあり、無制限に増やせば良いというわけでもないことを考えると、今後考えるべきなのは全体の数を抑制しつつ消費金額を増やすという方向なのかな?

そう考えると、これから伸ばしていきたい国、そうでもない国というのがおのずと見えてきますね!