イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

任天堂、中国市場に興味は薄いが、韓国は完全に無視?

f:id:ikebukulog:20180331065302j:plain

テンセントから熱いラブコールを受ける任天堂だが......

テンセントを販売代理店として、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の中国市場展開を控える任天堂ですが、テンセントからは「任天堂からコンシュマーゲームの作り方を学びたい」といった声も聞こえるなど、ゾッとするような熱いラブコールを受けています。

中国市場は、当局により外資の進出が厳しく規制されており、ゲーム機も通常のように任天堂が販売するという形を取ることが出来ません。あくまでも中国の国内企業を間に挟む必要があります。

これはゲームに限らず様々な分野で同様の構図となっており、中国企業との合弁企業設立などを求められる上に中国国内から資金を持ち出す事も出来ません。

かつて自由主義陣営でビジネスをする際、自国の市場を開放しますと約束して参入した中国ですが、その約束を反故にし続けてここまで来たことで、それが昨今の米中貿易戦争へ繋がる不公平な市場を生み出してます。

任天堂さんとしても、長らくテンセントさんから「中国でスイッチを発売しないか」という要請を受けており、それがようやく形になりつつあるのですが、実は任天堂さんはあまり中国市場に期待していなさそう......。

というのも、中国市場に進出するというトピックスで株価が上がったりしていますが、ホットな話題ということで毎回のように株主総会で中国市場について質問が出てるんですけど、これまで返答が全て塩対応なのを見ると、そこまで重視してないでしょうね(笑)

何を聞いてもだいたい「お任せしています」しか言わない塩対応なので、まるで興味を持っているように見えません。暖簾に腕押し豆腐に鎹といったような手応えです。

中国市場はゲーム内容にも厳しい規制が課せられているので、十分なソフトラインナップを揃える事が難しく、リスクの方が高いと見ているのかもしれません。

じゃあ韓国市場は?

朝鮮日報の嘆きが止まらない!

韓国の主要メディアの一つである朝鮮日報は日本語版の配信も行っているのですが、朝鮮日報さんの特徴といえば、本当に自国にとって不味いクリティカルな記事の日本語版は配信されないということです(笑)

日本に知られたくないという愛国心なのかな?
気になる人でハングルが読める人は、日本語版が配信される記事と配信されない記事のチェックをしてみるのも面白いかもしれません。

それはそれとして、朝鮮日報の悲観記事シリーズが任天堂さんの中国市場進出について触れています。

任天堂と手を組んだ中国、韓国ゲームは完全無視

最近日中のゲーム業者が続々と「蜜月関係」を結び、急速に接近している。一方、中国と最高のパートナー関係にあった韓国のゲーム業者は中国のゲーム市場から締め出されている状況だ。韓中日のゲーム三国志が根底から変わってしまった格好だ。韓国のゲーム業者関係者は「中国は日本のゲーム業者に自国のゲーム市場を開放し、その代価として、北米、欧州市場攻略のパートナーとしている。これ以上韓国のゲームから得るものはないと判断し、韓国を捨て牌に使った」と話した。http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/22/2019112280161_3.html

この記事は、任天堂さんが韓国を無視しているという趣旨ではありません。そもそもスイッチは韓国でも発売されています。

記事の内容としては、中国市場に日本のゲームメーカーが入っていく一方、中国のゲームメーカーは日本を足掛かりに北米や欧州市場に進出しようとしている中で、韓国が無視されているという話です。

ikebukulog.hatenablog.jp

 

面白いのは、昨年中国はゲームの規制基準を大幅に強化し海外ゲームの新規認可を凍結したのですが、今年の3月に認可を再開。

以降、毎月10~30程度の海外ゲームを許可しているのですが、日本がその半分程度を占めているのに対し、韓国ゲームの新規認可は一切許可されておらず、2年8か月ストップしているそうです。

制裁されてるやん

その一方で中国のゲームは韓国市場を席捲しているそうです。

かといって、韓国のゲームが新規に認可されたからといって中国メーカーと競争して中国市場を攻略出来るかは微妙という結論で締め括られている、なんという弱気な嘆き記事(笑)

確かに不公平ですけどね。
例えば中国のゲームメーカー大手NetEase Gamesは『PUBG』をパクった『荒野行動』を配信していますが、日本でも人気のこのタイトル、中国国内ではどうかというと......。

ikebukulog.hatenablog.jp


中国ではバトロワゲームは禁止というオチ。
テンセント傘下のEpic Gamesが配信している『フォートナイト』も禁止されていますし、中国企業自体が自国のゲーム市場にあまり期待せず海外市場への進出を進めている事からも、おのずと市場のリスクというのが見えてくるだけに、任天堂さんの塩対応も分かる気がします。

しかし、中国のゲームメーカーがどんどん日本を含めた海外市場へ進出していく中、海外のゲームメーカーが中国市場へ進出するのは厳しく規制されているというのはやはり不公平ですし、ビジネスの原則に反しています。

こういう歪んだ競争環境の中で、中国企業が一方的に進出してくるという状況は歯止めを掛けないと、自分だけチートして無双みたいな「なろう系ラノベ」のような状態はちょっともう許されない時期に来ていますね。

アメリカは動き出しましたが、日本はどうもそういうところの感覚が鈍いような気がしてならない......。